プロフィール

hiromi1960

Author:hiromi1960
広島県東広島市在住
政治や社会問題に物申す きたくらひろみ
子供たちにツケを回さない社会を目指す
中央大学法学部卒


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


勝って兜の緒を締めよ!

と自民党には言いたい。

臨時国会の開催が決まったが、
自民党の中から、野党より与党の質問時間を増やして欲しいと
党に要請があった。
これは、野党の質問時間を減らすことでもある。

そもそも自民党が野党に転落した時に
当時の与党であった民主党政権が、
自民党に配慮し、2:8という8割の時間を与党に与えたもので
それを巨大政権になったら、議員数に比例させてくれとは。

国会での質問機会がないと、地元で仕事をしてないのではないかと言われるから
という子供みたいな理由だ。

与党と政府は、一致しているわけで
そこにどんな質問があるというのか。
過去の質問でも、安倍総理を誉め、持ち上げるだけの者や
時間が余ったからと般若心経を唱える者までいた。

そんなことのために時間を割けと言うのか。
野党が政権に対して質問することが、
チェック機能であったり、国民の知りたいことへの回答を得ることにもなる。
それを減らすということの暴挙。
独裁政権のおごりと言われても仕方ない。
ただ、国会で目立たないとと思っているだけの
3回生議員の教育をすべきでは。

謙虚に丁寧に
はどこへやら。

来週には、あの加計学園の獣医学部新設が認可の見通しだ。
丁寧な説明もなく、
質問を封じて認可。
もちろん、安倍総理自身が認可しろなどと言うはずもない。
しかし、萩生田氏が、
「総理のご意向だ」として
忖度を強要したのは事実のようだし、
この問題は、認可される前から、愛媛県や今治市が、
無償で敷地を提供し、
あたかも認可されるという予定で建設が進んだことだ。
すでの入学説明会も実施された。
特区の4条件の一つであったライフサイエンスなどに対応すべき分野の研究については、
加計学園は、余力があればとしており、
4条件をすでに満たしていない。
そんな中での認可だ。

今後、文科省はどう責任を持つつもりだろうか。

ほかには、9条を含む憲法の改正や
消費税の使途変更など
やりたい放題になるのか。

国会で野党は、戦略を組んで取り組むべきだ。
数だけですべてが決まるのは、真の民主主義ではない。

議席で言えば、確かに野党は少ない。
そかし、今回の総選挙で比例の投票数は、
希望の党と立憲民主党を合わせただけでも
自民党を上回っている。
この事実は、重く受け止めるべきだ。

トランプ大統領の来日で
日米の蜜月ぶりをアピールするようだが、
トランプ政権も今、不安定状態だ。

経済最優先という安倍総理だが、
大企業や輸出産業は好調だが、
下手に賃金が上昇し、中小零細企業や
飲食店、小売店などの人材確保が厳しくなり、
物価だけが上がっているという実感だ。

庶民の気持ちが分かる人が、
国のトップになることはないのだろうか。
スポンサーサイト

自民党大勝

22日に投開票された衆議院選挙結果は、自民党の大勝に終わった。

多くの有権者が空しい気持ちでいっぱいだろう。
そんな声を、周囲からも聞く。

この結果を受けて、安倍総理は、会見で
「真摯に   謙虚に  丁寧に」
を繰り返した。

本当にそう思っているのではなく、
今までの政権運営で、傲慢だ、慢心だと言われていたので
謙虚な姿勢を見せておこうということだろう。

この人が、謙虚だったり、丁寧だったり出来そうには思えない。

自民党の大勝は、決して安倍政権への支持ではない。

投票結果の獲得票数を見ても
希望の党、立憲民主党、維新の党、共産党を合計すると
自民党を大きく上回る。
野党が一つにまとまって統一候補を立てて
一対一で戦っていれば、
自民党は、100議席近く失っていたと試算されている。

問題議員の萩生田氏や石原氏なども
逆転敗北だった。

希望の党が途中かた絶望の党に変わり、
風が立憲民主党へと変わる。

前原氏が希望の党へ、民進党を合流させようとしたのは、
安倍政権打倒のためだったはずだ。

しかし、前原氏の思いとは違い、
小池氏の「排除」発言が飛び出し、
反発と批判が噴出。

反自民党の受け皿としては、疑問を持たれることとなり、
野党が一つにまとまることは出来なかった。

選挙は、結果がすべてだが、
それは、議席数だけではなく、
獲得票数や、投票率なども真摯に受け止めてもらいたい。

投票率は、相変わらず低く、
50%程度で、60%を超えているのは、
北海道と新潟県だけだ。

台風の影響もあるとは言え、
あまりに低い。
それだけ、分かりにくい選挙だったのかも知れない。

安倍総理は、総裁選で3選される見通しだ。
池田総理に迫る長期政権だ。

安定政権と見るや、市場は上昇を続けている。
しかし、その多くは海外投資家で、
今後、政権の揺るぎなどで反発し、急落する不安もある。

さて、安倍総理は、常に母方の祖父岸信介の名を挙げる。
しかし、安倍家の祖父安倍寛氏については、ほとんど語らない。

地元では、尊敬された政治家だと言われている。
安倍寛氏は、大政翼賛会の推薦を拒否し、
無所属で選挙を戦い当選。
常に、反戦を訴えた政治家だった。
安倍総理の父である安倍晋太郎氏は、この父寛氏を尊敬し、
岸信介の娘婿ではなく、安倍寛の息子だと言っていた。
しかし、残念なことに寛氏は、晋三氏生まれる前に亡くなっている。

安倍晋三にとって祖父は、岸信介しかいないのだろう。
一度、自分のルーツも振り返ってみて欲しいものだ。

衆議院選挙も佳境になってきた。

自民党の圧勝とも伝えられている。
あまりにタイトだったために
野党の準備は十分ではなく、
特に新人には厳しい状況のようだ。
国政選挙では、各政党の公約が注目される。

選挙日程が決まってから、何が有権者受けするかを見極めながら作られる。

公約を検討して投票先を考える人も多いだろう。

しかし、過去の選挙を見ても
選挙中に言っていた公約は守られていたのか。

選挙の時だけではなかったか。

いくつか掲げた公約の中で、都合のいいものだけを実行してはいなかったか。

公約とは、有権者との約束だが、
約束は簡単に反故にされる。

公約のすべてに共感出来るわけでもない。

それならば、公約にとらわれるずに
候補者や代表の人と成りで判断した方がいい。

マスコミの報道や雰囲気で選ばないこと。
毎日出される情報に惑わされないようにしたい。

公約は、判断の一つの資料ではあるが、
それが一番大事な要素ではない。

期日前投票の投票率は上がっているそうだ。
お天気も気になるところだ。
期日前投票の方が、早く済むのでおすすめだ。

選挙に行こう

衆議院選挙の投開票日まで、あと6日。

希望の党の結党で、面白くなったかと思えたが、
小池氏の発言や不出馬で、希望の党の存在感は一機に薄れた感だ。

そもそもは、安倍政権打倒ではなかったか。
民進党の分裂も痛い。

民進党もその主張が違う人の集まりだったので
立憲民主党が出来たことで、分かりやすくはなった。

ただ、民進党から公認を受けて初めて出馬する予定だった新人には、
辛い状況となった。
希望の党の公認が受けられなかったり、
どちらにもいけなくて無所属とならなくてはならなかった。

無所属だと、比例での復活はないし、
党の掲示板も使えず、
配れるチラシの数などにも制限がある。

党首や団体の応援演説もない。
政権放送も出来ない。
大きなリスクを背負っての選挙になってしまうのだ。

国政選挙に無所属での立候補は、本当に大変だ。
知名度でもなければ、なかなか難しい。

我々有権者は、政党より、個別に立候補者を見るべきなのか。
自民党が圧勝ではないかと、各マスコミが報道している。

なぜ?
自民党は、改憲や消費税の使い道の変更を公約としている。
それは、私たちの生活にどう影響するのかを考えなくてはいけない。

消費税を10%に増税する大義は、
社会保障費が足らないから現役世代だけに負担をかけずに
広く浅く消費税で財源を得ようというものだった。
そのためには、まず国会議員から身を切ろうと言ったはずだが、
それは果たされていない。
定数が10議席減になっただけ。

税金をとることばかりではなく、
使い方の問題がなおざりだ。
民主党政権の時の事業仕分けのようなことも自民党では行われない。
やり方には色々意見はあろうが、
まず、行政の無駄を洗い出さないで、
国民に負担を求めるのは無策ということだ。

教育無償化などと耳障りのいいことを言っていても
現実に少子化の歯止めにはならない。
未だに待機児童問題は解決されず、働きたいのに働けない状況は続いている。

高齢化に関しても、介護保険料の値上げや
介護認定の基準を厳しくして、自己負担増も続いている。

安倍政権が、我々庶民に何を与えてくれたかを
しっかりと検証し、必ず選挙に行こう!

投票率は、前回が最低で与党の圧勝となった。
投票率が上がれば、それだけ多くの民意が反映出来るはずだ。

たかが1票
されど1票

あなたの1票が、未来への1歩であることを
忘れないでもらいたい。
衆議院選挙では、小池新党「希望の党」が話題をさらっている。

マスコミの注目を一身に集めている感じだ。
日々、情報は、錯綜している。
ただ、注目が集まり、どこの党首よりも
小池氏の露出が多い。

民進党は、事実上の解体となるのだが、
どうやら、簡単にはいきそうにない。

前原代表は、いち早く、小池氏に合流を打診していた。
それは、民進党が持つ200人以上の候補者と
多額の政党助成金、連合という大きな組織を
新党にという魅力的な提案だった。

新党には、はっきり言って資金はない。
候補者は、最低でも供託金の300万円(比例には、さらに300万円)、その他選挙前の後援会活動費など
ざっと換算しても、1000万円以上は必要だ。

本当は、もっと必要だが、現職でなければ、
これらを自前で用意出来る候補者は多くはないだろう。

民進党が持っているお金は魅力だ。

しかし、小池氏は、民進党内のリベラル派を排除するかのごとく
「全員を受け入れる気はさらさらない」
と言い切っている。

これに、枝野氏を筆頭にリベラル派は反発をしている。

前原氏の思いは、安倍政権を倒すために
野党が大きな受け皿としてまとまるべきということだったろうが、
小池氏は、自民党の安保法制に反対している人や
憲法改正に反対の人は、排除するとした。

前原氏の思いとは違うように見える。

金と組織だけを取られた感じだ。

果たして、それで本当にまとまれるのか。

もう一度、組織とお金を引き上げて
「話が違う。それなら合流はしない」という手もあるのではないか。
でないと、民進党に希望がない。

通常の選挙では、考え方の違う人たちが、
選挙に勝つためだけに集まるのはどうかと思うが、
今回は、「安倍政権を倒す」という目的だけで
集まって戦い、選挙後に其々の考えをはっきり示すでもいいのではないか。

このままだと、ガタガタなままの選挙戦になって
国民があきれ果て、結果、自民党が大勝するかも知れない。

政策やイデオロギーが違っても
一つの目的で固まるのもいいではないか。

さて、小池氏は、都知事を辞めて衆議院選挙に出馬するのか。
政権を取って総理を目指すなら、そうすべきだが、
都知事に当選してまだ、1年余り。
これといった結果も出せず、
東京オリンピックも待っている。
普通に考えれば立候補はあり得ないが、
小池氏にとっての「希望」の党なのか。

ギリギリまで様子見だろう。

一方の安倍総理は、
「国難選挙」と言っているが、
「僕難選挙」だ。

賢明な国民なら分かっているはずだ。
安倍総理が、主張するアベノミクスは失敗し、
国際競争力も低下し、
安倍氏の好き勝手に国政が使われてきたことを

自民党が過半数を取ると
また、国民の支持を得たと言って、好き勝手をするのだ。

だから、投票に行かなければいけない。

希望の党に希望があるかどうかは分からないが、
中身は、ほぼ自民党という事実も
しっかりと見極めなければいけない。

 | BLOG TOP |  NEXT»»