プロフィール

hiromi1960

Author:hiromi1960
広島県東広島市在住
政治や社会問題に物申す きたくらひろみ
子供たちにツケを回さない社会を目指す
中央大学法学部卒


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


22日、世間を騒がせていた日大の悪質タックル事件の当事者が記者会見を行った。

若干20歳の大学生が、
正々堂々と顔をさらし、名前も出して、
たった一人で会見に臨んだ。

この問題が、明らかになってから、
ネット上では、すでに彼の名前や顔がさらされて
まるで公開処刑のような状態だったようだ。

日大アメフト部の内田監督は、
監督を辞任し、弁解もしないと会見で言っていたが、
当初から、監督らの発言を
選手が間違って理解していたと言っていた。

会見で、大学生が語ったことからは、彼が勝手にした行為とは言えないようだ。

相手の選手がケガをしたことを知って後悔の念に苛まれていたことだろう。

大好きだったはずのアメフトを続ける資格もないし、
続けるつもりもないと言い切った。

誰がこんなことを言わせてしまったのか。

スポーツの世界で、ケガはつきものだ。
しかし、それは、ルールの中でのことで
今回のようにルールから逸脱し、故意にケガをさせる行為は許されない。
それを、監督やコーチが、指示するなどもっての他だ。

今回、日大の対応は後手後手で、
監督も姿を見せず、
大学の最初の説明は、選手の勝手な行動であるかのような説明だった。
まず、謝罪をすべきだったが、それも遅かった。

テレビでもネットでも日大と内田元監督への批判ばかりだ。

しかし、こういう問題が起きた時、
間違ったことは、非難されるべきだが、
だから、日大アメフト部を潰せ、とか、
日大は教育機関としてダメだとか、
決めつけるのはいかがなものか。

日大には、多くの運動部があり、マンモス校だ。
アメフト部を始めとして、
多くのOBを輩出し、
そこには立派な歴史があり、
日大に憧れている学生もいる。

そういう人たちの思いまでも全否定するようなことがあってはならない。

反省し、改善し、また再起出来ることが大切だ。

部員たちも肩身の狭い思いをしていることだろう。

今回の事を重大に受け止め、反省し、
改善し、範となるアメフト部になるように努力してもらいたい。

何か悪い事をしたから、排除する、
潰す、否定するという社会は間違っている。

間違いを繰り返さない社会を作ることが大切だ。



スポンサーサイト
芸能ネタは、書きたくないのだが、この問題に少し物申したい。

オフィス北野からビートたけしが独立し、
愛人と言われている女性と新たな会社を立ち上げた。

一部週刊誌に、たけしさんが、その女性に洗脳されているのではないかとの記事も出た。

そんな中、4月1日、たけし軍団がそれぞれのブログで
独立の真相として、森社長を弾劾するような声明文を発表した。

軍団の一人は、森社長が謝罪をしてくれたら、
ゼロからスタートできると言っていたが、
果たしてそうか。

内容の真偽に関わらず、経営者に牙をむくなら、
辞める覚悟で言うべきで、
エイプリルフールでしたとは言えないはずだ。

糾弾された状態で、気持ちよく、また一緒にやりましょうと言える人はいないだろう。

そもそも、ビートたけしは、もう終わっているのではないか。
私などは、まるで興味がない。
真面目にコメントすべき番組でも
ふざけたり、茶化したりする姿にうざいとさえ感じる。

彼の冠番組が果たして高視聴率なのか。
彼でなければならないのか。

それでもたけし氏の稼ぎでやっている会社であることは確か。
たけし軍団とひとくくりにしても大して稼いでいそうにもない。
ここまで言うなら、自分たちも辞めればいいではないか。

会社の人間より、軍団の方が年収が低いというが、
タレントは、出来高制のようなところもあり、
仕事が出来ないのに、報酬だけを主張しても
である。

軍団の中で、一人でも十分に稼げる人はいるのだろうか。
たけし氏を殿と慕い、養ってもらっているだけではないか。

森社長の看過出来ないこの状況に
今週中にコメントするという。

たけし氏が、色々な事件や事故を起こした時も
二人三脚で支えてきた森氏。
金の切れ目が縁の切れ目か。

たけし氏もそろそろ時代遅れになっていないか。

テレビ離れも進む中、つまらない争いは、内部で解決すべきだったね。

パワハラ問題

レスリング界で、パワハラ問題が続いている。

伊調選手が、栄監督からのパワハラで練習場やコーチを奪われたかのような報道がある。

しかし、冷静に見てみると、
告発状を出したのは、伊調選手ではなく、
男子のコーチで伊調選手の指導もしていた田南部氏と安達氏であり、
伊調氏から頼まれたわけでもなく、
伊調氏自身、あずかり知らぬことだったと言っている。

報道は、オリンピック4連覇の伊調氏に注目して、
あたかも伊調氏自身がパワハラの被害者であるかのようになっている。

どうやらパワハラの被害者は、田南部氏のようだが、
これは、伊調氏の5連覇が危ういというフレーズで大きくなっている。

本当は、栄氏と田南部氏との権力争いではないか。

何の実績もなかった女子レスリングをここまで強くしたのは、
他の誰でもない栄氏だ。
私財を投げ打って寮を作って
部員たちを昼夜育成してきた。

その結果、吉田沙保里氏や伊調氏のようなオリンピック覇者を多く輩出してきたのだ。

外から見れば、強引とも見れるところもあるだろう。
しかし、選手を強くしたいという思いでやってきたことだろう。

難しいのは、選手が自分の元を離れる時だ。
より高く羽ばたけるなら、見送りたい気持ちはあろう。
しかし、そうではないと思えたら

私もかつてバドミントンの指導をしていて
部長兼監督をしていた時、
あるご婦人が、ある男性に指導を求めた。
何の実績もない、独自の理論の男性。
私もよく知っている人だった。

クラブの練習以外で一緒に練習することは、個人の自由だと思っていたが、
クラブの練習にも顔を出して
練習の合間に二人で何かしら話して、他の部員とは離れるようになり、
試合にも男性が運転をして彼女だけを送迎し、
セコンドのように側にいる
ということが続くようになった。

他の部員から
「気が散る」
「うざい」
などのクレームもあり、クラブや試合への参加は遠慮するように申し入れが、
聞き入れなかった。
うちのクラブだけでなく、他のクラブからも噂になっていた。
孤立して、余計に二人の距離は近づいたようだった。
いい噂にはならなかった。

今回の告発も何だか、その時のことと重なる。
当人たちはどう思っているか分からないが、
男女が、身体を絡めての練習は、憶測も呼ぶ。
栄氏が、田南部氏に注意したのは、そんなことも含めてではないか。

男子のコーチでありながら、伊調氏に付きっ切りだったという。
周囲からどう見られていたのか。

伊調氏の本音もよく分からないが、
どんな選手も一人で強くなったわけではない。
自分を育ててくれた監督への感謝と敬意をいつも持って接していれば、
大きな反感を買うこともあるまい。

指導者同士の嫉妬だとしたら、
みっともない話だ。

伊調氏に練習場所がないというのは間違いで、
本人が、田南部氏との練習場所がないということだろう。

国民栄誉賞を花道に引退となる公算も強い。

男同士の争いで、彼女が一番の被害者なのかも知れない。

制服

東京都の中央区立銀座泰明小学校の標準服が、
来年度からアルマーニのものになり、その価格が、最高8万円になるという報道に
今も物議が続いている。

更に、今その小学校に登校している小学生に対して
嫌がらせをする人がいるという。

この問題は、子供たちには関係のないことだ。

バカな大人たちの問題なのだ。

そもそも泰明小学校は、効率校。
校長は、3年前からエルメスやバーバリー、シャネルなnどの一流ブランドに
標準服の監修を打診していたという。
その中で、OKが出たのがアルマーニだったというのだ。

泰明小学校は、特認校で、学区外からの通学が認められており、
伝統のある学校で、銀座という立地もあって
相応しい標準服をと思ったとのことだが…

多くの人が言うように、小学校という最も体格が大きく変わる時期であり、
更に公立校であることを考えると高価な標準服は必要とは思えない。

標準服は、制服ではないが、式典などでは、着用を求められる服装である。

そもそも制服は、かつてそれぞれ貧富の差があった時代に
服装の差が生じないようとか、
学生らしくとか、
家計に大きな負担をかけないことが主な目的であったはずだ。

買わなくてもいいと言われても、子供にとっては、
自分だけとなると辛いし、いじめの原因にもなりかねない。

これが、私立校であれば、自由だ。
全て納得の上で行くのだから。

いくら特認校と言っても、学区内だから入学する子もいるわけで、
今回のことは、どうにも校長の独断ではないかと思えてならない。

6年間に何度買い替えることになるのか。

私の住む東広島市にも標準服があるが、
市内ほとんどの小学校で共通で
市内の洋装店やスーパーでも売られている。

せいぜい1万円しないし、
成長に合わせて買える。
化繊なので、気軽に洗濯出来る。

毎日着て行っても何の問題もない。

子供たちが伸び伸びと生活出来る学校であるべきだろう。

大人の下らない見栄や虚栄に子供たちが
迷惑を被らいないようにすべき。

この校長は、自分が名を残したいくらいに思っているのではないか。

教師もすべて、式には、アルマーニを着用させればいい。
そんなならこの小学校に赴任したくないという教師もでるのではないか。

校長は、自ら背広は、アルマーニにしなさい!

それが出来ないというなら、ことの愚かさが分かるのではないか。
生徒や保護者だけにそれを求めるのはおかしいだろう。

標準服も止めて、黒か紺の上着で
という風にすればいいのではないか。
それで、個人がアルマーニを着てくるのは自由だ。

教育者としての配慮、思慮に欠けている。

小室哲哉引退

1月19日、週刊文春の不倫疑惑報道を受け、
音楽プロデューサーの小室哲哉氏が、会見をし、
引退を発表した。

報道に対する否定の会見かと思いきや、
突然の引退発表となった。

これには、多くの人が驚き、残念に思い、
つまらない報道をした週刊文春への批判がにわかに高まっている。

ネット上で、
不倫や浮気といったような個人的なことを取り上げて
ここまで人の生活や人生まで追い込むことに
どんな意味があるのか
すでにそれが、社会暴力ではないかといった意見も多く、
堀江貴文氏もツイッターで
「週刊文春をつぶせ」と主張している。

ここ2年くらい、週刊文春は、芸能人や政治家の不倫報道に熱心だ。
その記事が出たことで、
活動を自粛したり、
辞職したりすることが頻発した。

しかし、そもそも不倫などというものは、
最も個人的なことで、以前にも書いたが、
それぞれの当事者にとっては、大変な問題だろうが、
世間的にはどうでもいい話だ。
しっかり仕事をしていれば、そんなことをとやかく言いもしない。
ろくに仕事もしないで、そんなことやってたのかという怒りはあるかも知れない。
しかし、謝罪会見など見ても
誰に、何を謝るのだろうと思っていた。

今回の件は、
一時代を築いた有能な音楽プロデューサーを引退に追い込んでしまったということに
多くのファンが怒りを噴出させるという
文春側の想定外の事態となったわけだが、
そもそもこんなプライベートを暴いて
部数を稼ごうとする商売と
それを取り上げてさらすテレビやネットの無責任な報道の在り方に問題があり、
すでに視聴者は、こんな「ゲスの勘繰り」に付き合うことに辟易しているのだ。

週刊文春の不買運動を呼び掛けているSNSや
ワイドショーなどの批判をしている書き込みなどを見ると
健全かなと思う。

私は、特に小室氏のファンというわけではないが、
あの絞り出すような憔悴した記者会見を見ると
胸が痛む。

くも膜下出血で倒れた妻は、
その脳に損傷があるのか、
大人としての会話が出来る状態ではなく、
自身もC型肝炎や突発性難聴を抱え、
不安や悩みを打ち明けられる人を求めても
誰も責めはしないだろう。
さらに男性としての機能もすでにないということまで
言わなければ信じてもらえないだろうと
覚悟の会見だったような気がする。

テレビのコメンテーターが言っていたが、
その報道で誰も幸せになれない報道は、間違っているのかも知れない。

週刊誌も冬の時代を迎えているのだろうが、
もっと、多くの人が知らなくてはならないことを
報道すべきだ。
どこかで、社会正義が働いていると思えるような記事を出すべきではないか。

最近は、不倫疑惑さえ書けばいいかのようだが、
すでに世間は飽きている。

文春の編集長や記者が取材される側の時に
顔を隠しているのは、公平ではない。
しかし、その家族までさらして社会的リンチをしようとする動きは、
同じ穴のムジナだ。

我々読者、視聴者は、こんなゲスな話題には興味を示さなければいいのだ。
部数や視聴率が取れなければ、自然に報道は減少していくのではないだろうか。

下らない週刊誌の報道に乗っかるテレビやネットなどのメディアにも
猛省してもらいたいし、
こんなことばかりしていたら、報道の信ぴょう性、必要性が失われる。

もっと人が笑顔になれる報道をして欲しい。

 | BLOG TOP |  NEXT»»