プロフィール

hiromi1960

Author:hiromi1960
広島県東広島市在住
政治や社会問題に物申す きたくらひろみ
子供たちにツケを回さない社会を目指す
中央大学法学部卒


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


歴史的大敗!

終わりました。
自民党の歴史的大敗に終わりました。
これが、民主党を支持しているというよりは、
国民は、安倍政権にノーをつきつけたのだ。
しかし、安倍首相は、続投を宣言。
う~ん、それってどうでしょう。
続投しても1年くらいで 衆議院を解散して
総選挙になるのではないかしら。
また、膨大な税金が使われてしまう。
負けたのは、事実なのだから
自民党も政府与党全体、反省すべき点があるでしょう。
参議院の半分は、非改選だが、
今回の結果、自民の参議院の議席を失くした県が、
4県になりました。
これも 初めてではないか。
国民は、変化を求めたのだ。
この結果を 真摯に受け止めなくてはいけませんよ。

当選議員を見てみると
民主党は、全体に若く、3,40歳台の人が多いし、
女性も多い。
自民党は、70歳台まで出していた。
全体に 野党の方が若い。

それにしても
相変わらず、投票率は低い。
もっと 無党派層を引きずり込まないと。
無党派=無関心であってなならない。
スポンサーサイト

テーマ : 参院選 - ジャンル : 政治・経済

いよいよ明日は、参院選の投票日です。
すでに 投票を済まされた方もおられるでしょうが、
今回は、国民が、「変わって欲しい」と願う意思表示をする絶好のチャンスです。
広島県で言えば、
すでに自民党公認候補が、勝利宣言をしているとか。
それで いいのですか?
組織選挙で票が読めているのかもしれませんが、
何も変わらなくていいのですか?
今まで、政治家っぽい人を選出してきた結果、
今の格差社会、官僚主導、見えない財政、破綻した国になったわけでしょう。
今までの人では、ダメだと証明しているのでしょう。
ならば、素人の方が、まだましなのかもしれません。
しがらみを一切持たない人の方が、
思い切ったことができるのではないでしょうか。
たとえば、宮崎県知事のように
政府の言っている改革は、
変えることではなく、都合よくすることに他なりません。
日本を今変えなくて いつ変えるのでしょう。
子供たちに 未来を約束することが
われわれ大人の使命です。
しっかりと自分の意思を1票に込めて投票して下さい。
あなたの1票1票の積み重ねが、大きな力になるのです!

テーマ : 参院選 - ジャンル : 政治・経済

参議院選挙

いよいよ、この日曜日は、参院選の投票日だ。
もう、皆さんは、誰に入れるか決めておられるのでしょうか。
広島県は、改選2に対し、6人が立候補した。
1.現職の自民党議員
2.衆院から替わった民主党
3.新人女性(医師)
4.保守系新人女性(社長)
5.共産党
6.公明党を除名された人

この6人の争い。
争点は、年金問題のようで 実は、はっきりしてない。
私は、新人の女性候補Kさんに入れるつもりだ。
産婦人科の医師であるKさんは、
政治家としての実績はもちろん、政治家としての手腕も
期待できないかもしれないが、
まず、今までとは違う人だ。
30歳代の女性の中には、Kさんにお世話になって
多胎出産を成功させてもらったとか、
命の大切さを語った講演を聴いたり、
本を読んだという人もいる。
すべての女性が支えれば、当選できるだろうが、
東部や北部には、知名度がない。
苦戦しているそうだ。
新聞によれば、民主と自民が抜け出ているそうだ。
それでは、面白くないでしょう!
「命と憲法9条を守る」という彼女の信念は理解できるし、
まず、命を大切にすること
基本です。
何かを変えて下さい。
変えるのは、我々有権者の1票です!
無関心では、いけませんよ。
私は、明日、期日前の投票に出かてこよう。
投票率上がれ!!!!

テーマ : 参院選 - ジャンル : 政治・経済

演説

政治家たる者、演説は上手い方がいい。
今、参院選で 各党の党首や幹事長が、メディアに露出しているが、
話が上手いか、下手かは、投票にも影響を与えると思う。
たまたま、今回の告示日に 二人の出陣式に出くわした。
ひとりは、元衆議院議員なので 演説は上手い。
もうひとりは、政治の経験のない新人。
まったく何が言いたいのか、間の取り方も
話し方も 聞くに堪えない。
もちろん、初めての選挙で経験もないのだから
ある程度は仕方ないが、
中身のない演説では……

とかく政治家は、結論よりも 理由をダラダラと述べて
結論までが遠く、聞いている方が、辟易する。
まず、結論を述べて、その理由を段階的に説明する方が、
聞き手には、解り易いし、聞きやすい。
これは、判決文方式だ。
ほとんどの場合、裁判での判決は、まず、結論を述べ、
その理由付けを 順を追って説明する。
この形で 政治家の皆さん、あるいは、政治家を目指す皆さんには
語って欲しいですね。
相手に正しく伝えなければ、意味がないでしょう。

お題目だけでも困りますが、
自信を持って さわやかに演説される方が、
印象もよく、信頼しやすいですね。
あと2週間ほどです。
しっかり、候補者や政党の代表者の話を聞いて
投票に行って下さい。

テーマ : 選挙に行こう - ジャンル : 政治・経済

先日、お店に上司に連れられて来られた男性が、
お店の壁に飾ってある似顔絵をみて
「あれって、選挙ポスターになっていた子供ですよね」
と言われた。
「そうですよ。私の孫です。」
「じゃあ、やっぱり、あの選挙に出ておられた方ですよね。」
と言われた。
「僕、1票入れたんですよ」とのこと。
他の候補者より、何かしてくれそうに感じたこと
しがらみがないこと
など 期待を込めて投票して頂いたらしい。
こういう人が当選する
と思ってくれたそうだが、残念ながら落選。
それは、私が選挙の知識がなかったこと
時間が無さ過ぎたこと
充分に伝えきれなかったことなど
敗因はいろいろある。
でも、4年後に向けて頑張るからと言ったら
「前向きなんで安心しました。もしかして、もう辞めるのかと
思ってました。応援してますから」
と言ってもらって 決意も新たになる。
4年は長いです。短期決戦型の私には、モチベーションがもつのかが
最大の課題なのだ。
選挙が終わって 3ヶ月。
彼のように 私と直接接点のなかった人が
投票して下さっていたことを 日々知る。
「実は、入れたんですよ」
と言って下さる人が徐々に現れる。
有権者の顔が見えてくるなんて 素晴らしいことだ。
全員は、わからないが、この人が とわかることは
私にも励みになる。
1票を投じて下さった方々を裏切らないためにも
次回も組織に頼らない、しがらみのない選挙戦でいきたい。
世間は、今、参院選真っ只中。
組織や会社の応援を受ければ、そこに
なんらかの見返りを期待される。
立候補者は、有権者の代表のはず、
有権者の側にいなければならない。
しかし、いつのまにか、別の世界の人になる。
特別な人種にでもなったかのように
庶民の心を忘れてしまう。
そんな人に 国政は任せられない。
我々が、政治に関心を持つこと
それを表せるのが、選挙だ。
比例代表制のような今の選挙制度には、多くの問題がある。
無所属で 政党の後押しのない候補者には厳しい制度だが、
それを覆せるのも 我々の投票だ。
あと2週間、皆さん、しっかりと候補者の公約を聞いてみましょう。
今の政治に満足なら、与党に入れればいいし、
今のままではいけないと思うなら 他の候補者を探しましょう。
棄権しないことが、まず、大切なことです。

テーマ : 選挙に行こう - ジャンル : 政治・経済

政治家の資質

民主党党首の小沢一郎氏が、この参院選挙で負けたら
政界を引退すると名言した。
その潔さには、拍手を送る。
私は、個人的には小沢氏が好きではない。
政治家の黒い闇をみんな抱えている男に見えるからだ。
しかし、今回の発言は、党首としての強い意思表示であり、
トップのそうした意思表示が、組織の結束を強くする。
民主党が、大勝すればいいとも思わないが、
一方の自民党党首の安倍晋三氏は、
選挙の責任については、名言をしない。
政治家は、決断力を求められる。
特に トップに立つ人間は、その責任を自覚しなければいけない。
今、自民党には逆風が吹いている。
だからと言って 民主党に追い風とは言えない。
私は、無党派だから どちらに勝って欲しいとは
思わないが、いつも、民主党は
肝心なところで 自分から転ぶ。
だから頼りない。
そんなみんな民主党ではいけない という小沢氏の判断だろう。
事務所経費問題で また大臣が追求されている。
安倍内閣は、ボロボロですね。
参院選が終わったら 内閣は再編されるだろうが、
その時、果たして、安倍晋三氏が首相でしょうか。
それを決めるのは、あなたの一票です!

テーマ : 安倍晋三 - ジャンル : 政治・経済

2日前、藤田知事の後援会不正事件に対しての知事の対応に
出された不信任案が、否決された。
知事派と言われる自民党会派は仕方ないにしても
民主県政会までが、否決に動いた。
自民党の中でも 県議選の時には、
知事の責任を追及し、辞職すべきと訴えていたうちの7人も
否決に回った。
不信任案を否決するとは、どういうことか。
知事がこれ以上の真相解明はできないと言ったことを
認め、知事の続投を支持するということ。
つまり、「説明責任を果たし、真相解明に全力を尽くす」と言って
それを果たせなかった知事を 信任するということだ。
約束したことを果たせないのは、嘘をついたに等しい。
そんな人を信任するとは。
辞職すべきといいながら、もういいでしょうと信任に回った議員も
嘘つきです。
政治家は、平気で嘘をつく。
そう思われても仕方ない。
県民が、この事実を忘れずに 次回の選挙で嘘つきには、
制裁を加えましょう。
それでなければ、広島県民の良識を疑われます。
もう、嘘はコリゴリです。
自らの保身にしか興味のない議員ばかりな気がしてなりません。
否決に回った議員さんの中に疑惑の議員さんたくさんいますから
このまま行くとして
もっと、県民の方を向いて 政治を行って下さい。
我々も厳しい眼で 知事や議員の活動、言動を見ていきましょう。

テーマ : 政治・地方自治・選挙 - ジャンル : 政治・経済

空気を読もう

よくどんな男性が好きかと聞かれる。
私は、「頭のいい人が好きです」と答える。
頭がいい とは、学問ができるということではない。
その場の空気を読んで 対処できるということだ。
「空気を読めない」というより、
「空気を読もうとしない」人が多い。
久間防衛相の「原爆投下は、大戦を終わらせるのには仕方なかった」
発言。
多分、これは彼の本心だろう。
ある意味、原爆投下がなければ、ズルズルと戦争が続いて
もっと悲惨だったろう という意味なのだろうが、
防衛相という立場で言うべきことではない。
そして、その発言を 擁護した安倍首相。
国民の反発を受けるということが、なぜわからないのか。
空気を読めないにも程がある。
昨日、辞任が決定したが、
その理が、「参院選を戦い難いから」と久間防衛相が語った。
これまた、何という発言か。
後任は、小池百合子氏。
もう、女性閣僚を任命して 人気を回復できるような状況ではない。
それすらわからない今の政府与党は
救いようがない。
ある人が言った。
「自民党は断末魔だな」と

テーマ : 政治家 - ジャンル : 政治・経済

驚き!

大きな社会問題となっている社会保険庁の5000万件の問題。
安倍首相は、1年で間違いを正して、正確なデータにするとのたまった。
しかし、それは、実務上はかなり厳しい。
その厳しい理由のひとつ。
驚いたことに
社保庁のホストコンピューターは、今だにfortranによるプログラムソフトを使っているということだ。
fortranって 30年近く前に私たちが使っていた言語。
その後、fortran4や+になって
もう20年も前から 主流はC言語でしょう。
fortranとcobolで 組まれているシステムと聞いて
あきれてしまった。
まず、もっと処理の早い、バージョンアップの簡単なシステム(特にソフト)にすべきだし、
コンピューターも化石のようなものを使っているのではなかろうか。
5000万件の宙に浮いた年金記録のほとんどは、
国民年金に一度でも加入したことのある人。
政治家の議員年金や共済年金には まったくミスがないという。
どういうことだ!
と言わずにはいられない。

テーマ : 年金問題 - ジャンル : 政治・経済

 | BLOG TOP |