プロフィール

hiromi1960

Author:hiromi1960
広島県東広島市在住
政治や社会問題に物申す きたくらひろみ
子供たちにツケを回さない社会を目指す
中央大学法学部卒


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


今の相撲界

朝青龍問題どころではない。
17歳の力士が、リンチまがいの稽古で変死である。
連日の報道の通り。
これは、6月に起きた事件で、
なぜ今になって表沙汰になったのだろう。
遺族へ 部屋(親方)から 謝罪がないままここまできたことも原因なのだろう。
お父さんの記者会見を見ていても
納得できない
ということなのだ。
わが息子が、わずか17歳で 殴り殺されたとしたら
それは、許せないだろうし、
「帰りたい」と訴えた息子に親方を信じて
頑張るように言ったこと
後悔されているのだ。
「帰って来い」と言ってやればよかったと。
そもそも 酒を飲んでビール瓶で額が割れるほど殴り、
兄弟子が、金属バットで殴る。
これは、しつけでも 稽古でもない。
暴行罪あるいは、傷害罪である。
翌日の稽古でも 通常5分の稽古を30分以上も繰り返し、
その間、足で蹴ったりしていたという。
ぐったりしてからも 救急車も呼ばず、
殴ったことは言うなと口止めし、
こんな親方に子供を安心して預けられますか?
彼は、肋骨が折れ、鼻が曲がり、身体中に殴られた痕、
歯も折れ、腫れ上がっていたそうだ。
そんな変わり果てたわが子を見て
声も出なかった と。
親御さんの無念が、痛いほど解る。
今の相撲界の問題点は、この親方たちの資質の悪さが
一番の問題ではないのか。
朝青龍になめられるのも
弟子をリンチに合わせるのも 
すべて 親方の指導力のなさ、人間としての度量のなさによるものだと思う。
このままでは、日本の国技は、消え失せてしまいます。
もっと、危機感を持って 対処して下さい。
今の北の湖理事長の指導力のなさも大きい。
名横綱ではあったかもしれないが、
リーダーとしてのけじめのつけ方や
指導力は、まったくダメである。
ますます、相撲ファンが離れていくし、
力士を目指す若者もいなくなってしまいますよ。
第3者に少し開放して 世間の常識をもっと知るべきです!
スポンサーサイト

テーマ : あまりに酷い事件 - ジャンル : ニュース

福田総裁決定

当然の結果だが、福田氏が自民党総裁に選ばれた。
麻生氏もなかなか健闘していたが、
派閥の数合わせには叶わなかった。
早速、党4役が決まった。
4役?普通は3役ではなかったですか?
古賀氏が、選対局長なるものになったので
4役らしい。
この党人事に対して 各党の代表が
「古い自民党に戻った」
とか、非難していたが、
共産党だけは、「他の政党の人事に対してコメントはない」
と言っていた。
私もそれが正しいと思う。
あくまで党の人事であるから
それに 他の党にとやかく言われる筋合いはない。
総理大臣として 組閣が行われるだろう。
その大臣の人事は、国民にとってどうか、
そういう視点で 非難も許されよう。
今週中には、福田内閣が発足するだろう。
一部の大臣は留任とか。
まだ、何もできてないですからね。
どのような組閣になるか、楽しみ?ですかね。
光市母子殺人事件の差し戻し審の最終審理が終わった。
この裁判は、多くの問題提議をしてくれた。
そもそも、8年前、元少年(この言い方には違和感を感じるが)が18歳の時、本村洋さんの妻と生後11ヶ月の娘を殺したという事件。
報道が真実を伝えていないと
被害者の遺族である本村さんが、
名前も顔も出して
「妻は、殺された上に 強姦された」と告白。
2度殺されたのだと
多くの報道機関は、被害者やその遺族に配慮して
一番、生生しいところは、報道しない。
しかし、それでは、犯人の本当の残虐さが伝わらないと
本村さんは、あえて 真実を世間に語った。
その結果(?)、刑事訴追が相当と判断され
地裁、そして、高裁と審理され、
少年にたいする判決としては、かなり重い「無期懲役」の判決が下された。
これを不服として 最高裁に上告。
最高裁は、これを高裁に差し戻したというもの。
差し戻し=死刑、という空気が、マスコミを通じて流されたけれど
本当にそうなのか。
結果、被告人は、当初の供述調書は捏造で
殺意はなかったと 否認に転じた。
大弁護団が、結成され、世間からも非難される中の審理。
最終日に 弁護士の一人が、
「我々も一生懸命やってきたことを信じて下さい。つらかったです。」
と泣いていたが、プロとしてこれはどうなのか。
確かに、世間から誹謗中傷の嵐の中で
つらい思いをしてきたのだろう。
しかし、誰が見ても 被告人に真実を語らせる努力をしているようには見えない。
母親のような愛しさを感じて抱きついたら
声を上げられて、慌てて押さえたら死んだ。
生き返らせるために 姦淫し、押入れのドラえもんに何とかしてもらおうと思った。
そんなことが、まかり通る訳がない。
作業服を着て、いかにも点検の作業者を装って
団地を物色しているのに これが性欲目的ではなかったとか、
精神的に混乱していたとか、
客観的にみても あり得ない。
そんな主張を平気でさせる弁護団に非難が集まるのもやむを得ない。
しかし、マスコミの報道が、被害者側に偏り過ぎて、
真実が見えなくなっているところもある。
「君のしたことは、万死に値する」
という本村さんの言葉は、重い。
26歳の被告人を いつまでも元少年と表現するのも
いかがなものか。
もう、十分に大人だし、名前も顔も出してもいいのではないか。
何の落ち度もない人を殺して
「生きていたいんです」とは。
殺された人だって 生きていたかったんだよ!
名古屋で 強盗殺人事件の被害者になった女性の母親が、
「犯人が、死刑にならないのなら 私が殺します。娘と同じ方法で」
とコメントしていた。
これが、遺族の気持ちだ。
司法に 自分たちの思いを託している。
もし、それが、遺族の思いからかけ離れていたら
犯人を釈放してくれ。私が、殺す。
そう思うだろう。
人の命を奪うこと、もっとも重い罪です。
命を持って償っても 償いきれない罪なのだと
犯人にも 気づいて欲しい。
来年の判決は、遺族の思いをどう受け止めたものになるのだろうか。

指導者不在

麻生か、福田か。
毎日、テレビも新聞もその話題である。
自民党の総裁選挙である。
自民党総裁は、結果的に日本の総理大臣でもある。
我々の直接選挙ではないので ちょっと外から見てる気がするのは
私だけだろうか。
この連休、二人で街頭演説に立っていたが、
しゃべりが上手いのは、麻生太郎。
しかし、この人は調子に乗っていらないことも言ってしまう。
福田康夫は、演説が苦手なことを 改めて露呈した感じだ。
以前にも書いたが、政治家は、演説が上手いことも
必要条件である。
ただ、演説が面白いだけではダメで
内容、話し方で どれだけ多くの人の共感を呼べるかだ。
オタクに受けただけでは…

それにしても
ポスト安倍の最有力候補だったはずの麻生太郎が
なぜ、ここまで 追い込まれたのか。
それは、彼のお調子者的要素にあると思う。
安倍総理が、辞意をもらしたことを知っていたと言ってしまったこと。
それを知って にんまりとして仲間集めて選挙対策を
始めたこと。
この人は、やり方が下手と言うか、
必ず、バレる。
黙っていられない性格も災いしている。
残念ながら そんな人は、首相にはいかがなものか。
一方の福田氏は、まるで降って沸いた感じだ。
声を荒げて 感情をむき出しにするタイプではない。
どうせ、長くはないと見て 周りが担いだ感じだ。
解散、総選挙となった時、
福田氏で選挙が勝てるかは、疑問だ。
指導者不在のこの国。
一番不幸なのは、我々国民だ。
連休中の街頭演説の場に
小池百合子氏が、一緒にいるのが
私には、笑えた。
本当にしたたかな人だ。
あと一歩上手くやっていれば、この総裁選挙に
名前が挙がっていたかもしれないのだが

テーマ : これからの日本 - ジャンル : 政治・経済

市議会傍聴

わが東広島市では、議会が開会されている。
今回、一般質問が22名、32名の議員のうちの約7割が一般質問に立つ。
ずい分、問題山積な市ですよね~
事前通告の質問内容を見たが、これと言って特筆すべきものはないようだった。
それでも 毎回、傍聴に行っている私としては、
どこで行こうかと迷っていた。
前日に 新聞社の人と話していて
「共産党の新人が 議員報酬の値上げについて質問するでしょう。
聞いてみたらどうですか」と言う。
じゃあ、と言うことで 木曜日に傍聴に行った。
このご時世に 議員報酬を値上げしろなんて
新人の分際で 言えるのかと思ったが、
実は、質問は違っていた。
毎年、値上げの話は出るが、市長の判断等で 値上げの時期ではないとされてきた。9年間据え置きのままだ。自分も値上げは反対だが、
また、値上げについて出されたら 現市長はどうされるか
というような質問だった。
なんだそれ?
本会議で聞かなきゃいけないこと?
また、別の議員が、現在建設中の道路の工事の進捗状況と
用地取得の状況について質問していた。
そんなこと、担当部署に行って聞けば済むことではないのか。
進捗状況によって こんな問題が起きている
とか、こんな問題が出ているとか
再質問、再々質問で追及するのならわかるが、
状況説明を聞いたら「ありがとうございました」で
質問終わり。
多かれ少なかれ、質問の内容はこんな感じだ。
選挙が終わって 半年。
議員として ちゃんとやってますよ
という 自分の指示者へのパフォーマンスとしか思えない。
くだらない(失礼)質問であっても 役所の人たちが
答弁書を書き、ヒアリングを行い、通常業務以上の負担がかかる。
担当部署に聞きに来てくれたのなら
文書にすることもなく、口頭で説明もできように。
これらは、すべて税金です。
質問者が多いと会期も長くなります。
本当に市民生活に急を要することや、
重要度の高いものだけにして欲しい。
ほとんどの議員が、再質問もなく終了している。
追求する気はないのでしょう。
もっと、しっかり練って 本当に全市的なことに絞って質問してもらいたい。

安倍総理辞任

本日、安倍総理が辞意を表明。
現在、記者会見が行われている。
以前にも書いたが、ものの空気が読めない、タイミングの解らない人は、政治家であるべきでない。
特措法あるいは、燃料供給延長の為の新法を
職を賭してやるのだ
とつい何日前におっしゃったのか。
臨時国会を召集したばかりなのに
まだ、何も始まっていないのに
「私は、辞めます。民意を受けてない首相だと言われて相手にされないから」
というような理由。
こんなに タイミングも悪い総理は見たことがない。
ただ、ここのところ覇気がなく、
やばい感じはあったが、
やはり、朝青龍よりも 安倍首相の方が病んでいて
温泉治療が必要なのではないか。
こんな形で 政権を投げ出すとは。
やはり、ボンボンだからか。
器ではなかったということか。
確かに、トップに立つということは、大変なことだろう。
孤独でもあり、その心労の想像を絶するところだろう。
それにしても 「職も賭せず」「改革も進めず」
無責任極まりない。
私も元々は、山口県人だが、かばえない。
結局辞めるのなら、何故、参院選後にすっぱり辞めなかったのか。
最期まで 国民の方を見ることのできなった人のような気がする。

テーマ : 安倍晋三 - ジャンル : 政治・経済

総理は、今国会で特措法の延長ができなければ、辞めると言われた。
参院選で大敗しても辞めるとはおっしゃらなかったのに。
どうしたことでしょう。
アメリカに弁解できないからでしょうね。
貴方は、どこを向いて政治を行っているのでしょうか。
国民の方を 見て下さい。
国民にとって何がいいのか。
何が一番必要なのか。
もちろん、国際貢献も大切です。
国際社会で孤立しないように努力することも大切でしょう。
「辞める」なんてこと 今更言うのですか。
国民の審判には、責任を取らずに
間違ってる気がするのですが。
法案の可決に自信があっての発言かもしれませんが、
国民を馬鹿にしている気がするのは、私だけでしょうか。
特別国会が、召集されました。
国民の皆さん、しっかりと 成り行きと態度を見ていきましょう。

テーマ : 安倍晋三 - ジャンル : 政治・経済

いつまで出るのでしょうか。
お金の問題。
政治団体の収支報告書に記載ミス続出。
ミスだから いいのだそうだ。
もちろん、議員さんが経理をされてはいないだろうから
秘書だとか、会計責任者の責任だとは思うが、
最終責任は、国会議員自身である。
お金に関して、あまりにもずさんで無頓着である。
国民は、勝手に多額の借金を背負わされて
景気回復には程遠いというのに
800万円の違いにきづかないとか、
かつて、1億円貰ったのに忘れていた人もいましたね。
私なぞ、1万円の宝くじが当たった時のことも覚えていますよ。
金銭感覚が、我々庶民とは違い過ぎます。
こんな方々に 国民の本当の痛みがわかるのでしょうか。
辞任はしなくていいですよ。
どうせ長くはないんですから。
昨日も 「内閣総辞職で 総選挙」になるか、
「衆議院解散 総選挙」のどちらになるかを議論した。
どちらでも 国民の審判を問う選挙にはなるのだが、
このどちらになるかで
自民党にとっても民主党にとっても
大きな意味があるのだ。
まあ、年内総選挙はあり得ないので
来春早々ではないでしょうか。
もうあまり時間がないですね。
出馬の準備を始めないと。
私のことではありません。

テーマ : 政治と金 - ジャンル : 政治・経済

改造内閣が発足して 何日ですか?
本日、農水大臣辞任です。
政務次官も辞任です。
しっかり身体検査した人を起用したのじゃないんですか?
横峰パパの愛人騒動と違って
不正受給というのはいただけません。
わが懐に入れたわけではないでしょうが、
嘘をついて公金を不正受給するような人を
大臣としては認められません。
こうしてみると
清廉潔白な政治家なんていないのかもしれない。
そう思ってしまいます。
愛人問題だとか、不倫問題というのは
個人的な問題で
倫理観としてどうか ということはあっても
政治的な手腕には
直接関係ない気もする。
しかし、公金の使い方や請求の仕方に問題が生じていると
これは、国民感情からしても許せないわけです。
「これくらいいいだろう」とか、
「これくらいばれないだろう」とか、
そんなセンスの方はお断りなのです。
発覚直後は、辞める必要はないと言っていましたね。
昨日、与謝野官房長官は、
「この問題は、政治家としての問題ではなく、
共済組合のトップとしての判断がどうだったかを
問われているだけであって 大臣を辞任する必要はない」
と 言っていた。
こんな具合だから 国民との温度差があるのでしょう。
国民の気持ちが解らない人たちが
国を動かしているんですね~

テーマ : 政治と金 - ジャンル : 政治・経済

 | BLOG TOP |