プロフィール

hiromi1960

Author:hiromi1960
広島県東広島市在住
政治や社会問題に物申す きたくらひろみ
子供たちにツケを回さない社会を目指す
中央大学法学部卒


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


徴兵制に賛成

宮崎県の東国原知事が、「今の日本の若者には、
徴兵制のようなものが必要」といった趣旨の発言をして
物議をかもしている。
私もかねてより、徴兵制のようなものが必要ではないかと思っている。
今の日本、しつけや教育が、家庭でも学校でもできない。
となれば、
礼儀や規律、道徳といったものを
社会と隔離した厳しさの中で教え込むしかないのではないか。
「徴兵制」と言ってしまうと
軍隊→戦争 ということになるが、
そうではなくて 教育の場として
組織というか、機関というか、
強制的に国民の義務として 入寮あるいは、入隊させる。
軍隊のような厳しさという意味だ。
16歳から2年間がいいと思う。
20歳では、遅いと思う。
10代のうちに 規律や礼儀、物事や人との関わり方を
教え込む。
かつては、家庭や学校でしていたことだが、
今の大人が不甲斐無い。
私は、戦争反対だし、憲法改正にも反対だ。
軍隊を作れというのではなく、
そんな厳しい体験をさせることで
正しい人間形成を行って欲しい。
このままの日本では、ダメになってしまいますから。
個人ばかりを主張して 周囲との協調をしようとしない。
それでは、社会は成り立たないし、個人も滅びるのです。
スポンサーサイト

テーマ : これでいいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

先週の火曜日、新聞の朝刊に私の投書が載った。
岩国市の補正予算否決について
このブログでも主張していた議会への提案というか、
見識を疑う、議員は誰のために何をすべき立場なのかを
問う投書である。
多少過激に 市長は議会解散せよ!と主張したものだ。
早速、「その通りだ」とか、
「ちょっと過激じゃないですか」
とか、電話やメールを頂いた。
その2日後、同じ紙面で 私の投書を受けて
「否決した議員さんに もう一度考え直して欲しい」といった意味の
投書されていた方があった。
とてもいいことだと思う。
その方も私も岩国市の市民ではないので
選挙になったところで 1票も投じることはできないが、
市民でなくても これだけ関心を持っていて
議会や国の動きを見ているんだということを示すことに意義がある。
他人事と無関心な人が増えているけれど
無関心のツケは自分の暮らしや将来に返って来る。
他山の石ではなく、みんなが見つめることが大切なことです。
これからも この問題には意見を述べていきます!

テーマ : 議会 - ジャンル : 政治・経済

4度目の予算案否決。
岩国市議会のことだ。
国が、交付金を出さない以上、合併特例債を使うしかないだろう。
代替案を出すでもなく、ただ、市長案に反対する議会。
前回と同じだった。
米軍再編を受け入れろということらしいが、
この国の横暴に加担している議員は、一体何wくぉ考えているのか。
そもそも議員とは、誰のために
何のために議員なのか!
市民の安全で安定した暮らしを守るためにいるのではないのか!
そのために行政が間違っていれば、
反対をしたり、提案をするのだろう。
予算案を否決することで 市は基金を取り崩すことになる。
ほぼ財政は底をつく。
来年以降の市民サービスは大きくカットせざるを得ないだろうし、
すべての事業を凍結又は、中止にするなど
市民生活は混乱に陥るし、
回復は望めなくなる。
米軍の問題とは別に まず、市民生活の安定を考えるべきで
その上で 住民投票するなり、
市長への不信任案を提出するなりすればいい。
民主国家の根幹を揺るがすような国の横暴に
加担して 誰の方を向いているのか!
「小さな政府」「地方の時代」などと政府は言いながら、
力づくで言うことを聞け!という。
これでは、地方自治など日本にはないのと同じだ。
それの片棒を担ぐような議員こそ、
民意を問うべきだ。
即刻、議会解散すればいい。
お金が無い時に 選挙という負担を市民に背負わせるのだ。
岩国市民よ
今の市議の行動をしっかりと見て
選挙に思いをぶつけよう!
市民のためでない人には、不信任を突きつけよう!
原油高が続き、値上げの秋となった。
原油価格が上がると 単にガソリンなどの燃料が値上げになるだけでなく、油を原料とする製品や、車両輸送される総ての物が
その影響を受けるわけです。
ガソリン代はもちろんのこと、
タクシー代が、今月中に値上げ、
マックやカップヌードルも値上げ、
ポッキーなどは、本数が減らされてるとか。
広島では、もみじ饅頭も値上げされるそうです。
ほとんどの物が、実質値上げになります。
原油はまだ値上げされる可能性があるそうです。
すぐに影響を受けるガソリンで言えば、
レギュラーが150円です。
数年前は、90円前後だったですよね。
この原油高をまともに受けるのは、
油田を持たない日本とアメリカで
中国やロシアには、何の影響もありません。
減税が打ち切られているのに
生活に関わる多くの製品が値上げされる。
これでは、また不況になります。
特措法より先に 景気対策を話し合って欲しいですね。
アラブの方のどこだったか、王子が350億円で
旅客機を買ったとか。
個人に売るのは、初めてだというニュースを見た。
う~ん
油を持つものが、世界を制すのでしょうか。

テーマ : これからの日本 - ジャンル : 政治・経済

続・小沢一郎

結局、また代表に戻った小沢一郎。
たった3日で 前言を翻した。
男として恥ずかしくはないのか!
そうです。
かつての日本人は、恥を知る文化と言われてきたが、
今や「恥知らず」の多いこと。
今回の小沢氏など その典型だ。
男が、あそこまで自らの党を非難して
辞任すると言っておきながら
周りに「お願いします」と言われたら
「あっそう。そこまで言うなら仕方ないな~」
って感じで
まるでその言葉を待っていたわがまま息子のようだ。
これが、武士の時代なら
腹掻っ切って 自害して頂きたいところだ。
そんな恥知らずをまだ、代表にしたいと願う民主党も
情けない。
全員の思いではなかったろうが、
「もう、あなたはいりませんよ。我々の力で戦っていきます」
と 気概を見せるチャンスでもあったのに
これで 民主党は骨無しばかりと
思われましたよ。
いつもこうしてチャンスをつぶしていることに
誰も気づかないのでしょうか!
テレビで取り上げるのやめましょう。
ただの家庭内のいざこざもたいなものなんでしょうから

テーマ : 民主党 - ジャンル : 政治・経済

小沢一郎民主党党首の突然の辞任会見。
一夜明けて、党役員の慰留に「ありがとう」。
一体、何なんでしょう。
第一、自民党との連立を 党幹部に反対されて
「不信任をつきつれられたに等しい」とは。
自民党との連立を 賛成するはずのないことくらい
小沢さんには、わかっていたでしょうに。
もし、本気で連立できると思っていたのなら
ボケてしまったとしか思えない。
辞任会見で 「民主党は未熟で 政権能力がない」
とまで言った人を まだ党首としたいと思う民主党もどうか。
参議院選挙で大勝したのは、小沢一郎が党首だったからではない。
自民党政権にノーと言ったのである。
だから、多分、小沢党首でなくても 民主党は勝てたのだ。
その有権者を裏切って 自民党と手を組む。
その方が政策が実行できるというけれど
数の論理では、自民党の方が多いわけで
連立を組んだからと言って そのキャスティングボードを
自らが握れるというものでもない。
しかし、密約があったのだろう。
一部には、副総裁の席を要求し、
のまれたのではないか。とか。
もっと、穿った見方をすると
元々、小沢氏は、根っからの自民党で
野党第一党の民主党をぶち壊すという手土産を持って
自民党に復帰するつもりで
自由党を壊して 民主党と合流し、
今度の行動になったのではないか。
だとすると 相当な策士だ。
小沢一郎恐るべし。民主党もこんな裏切り者に執着していては、
衆議院選挙では、大敗しますよ。
「あなたなんかにゃ、頼りませんよ」と三行半くらい叩きつけてみたら?
小沢氏が、新党を作ろうと
自民党に帰ろうと
そんなことに右往左往せずに
今こそ、民主カラーを出すべきなのです。
自民党も野党第一党と連立とは、
断末魔か?
それに 乗るとは!
これには、もっとドロドロとぢた裏がある気がするのは、
私だけでしょうか。

テーマ : 民主党 - ジャンル : 政治・経済

岩国市議会が、庁舎建設費に合併特例債を充てる予算案を
3度否決した。
合併特例債の申請期限が、2週間以内と
差し迫っているなかでの否決。
一方で 国は、周辺市、町(大竹市や和木町など)に
再編(米軍艦載機の)に対する交付金の額を
提示した。
当事者である岩国市を除いて
以前にも書かせてもらったが、
艦載機の受け入れが条件だと
国は譲らず、井原市長は、
反対の態度を崩さない。
しかし、ここへ来て 既に建設が進んでいる庁舎の建設費がない。
賛成 11 反対 22
この22名の議員は、どうやって費用を作れというのだろう。
艦載機の受け入れを表明して 交付金をもらえというのか。
でも、市長は、反対という市民の民意により、
選ばれた人だ。
住民投票でも 反対が、過半数だったわけだ。
その民意を 無視しろ!ということか。
議会解散して 選挙のやり直しをする時間もないので
再議にかけて 市長としての
権限を最大に使えばいい。
その後、議会を解散しましょう。
頑張れ!井原市長。

テーマ : 軍事・平和 - ジャンル : 政治・経済

 | BLOG TOP |