プロフィール

hiromi1960

Author:hiromi1960
広島県東広島市在住
政治や社会問題に物申す きたくらひろみ
子供たちにツケを回さない社会を目指す
中央大学法学部卒


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


おざわる

今、若者たちの間で 一度決めたことを撤回して元のさやの戻ることを
「おざわる」と言うのだそうだ。
そうです。
民主党の小沢代表が、政界再編の画策に失敗し、
代表を辞めると言いながら 結局、前言を翻して
代表に戻ったことを指している。

今回の民主党からの離脱、新党結成は、
そんなに驚くことではないが、
そのメンバーに あのお騒がせ姫井議員の名があったことに驚いた。
さらに たった一日で 離党を撤回し、
民主党に戻ったことには、さらに驚いた。
まさに 「おざわる」である。

姫井氏は、「新党が、自民党による切り崩しだと思わなかった。」と言っているが、
素人の私たちにだって それくらいは、わかる。
本当にわからなかったのなら 頭が悪いか、センスが悪いかのどちらかだ。
自民党側から見ても簡単に崩せる彼女は、
逆に言えば、民主党からも簡単に崩せる人だったわけだ。
正直なところ、民主党にとって彼女が必要な存在ではないだろう。
事実、民主党の内部からは、離党してくれた方がよかったという声が多い。
しかし、新党が力を持っては困るので
彼女を崩して 出鼻を挫いた感じだ。

それにしても
政治家たるものが、たった一日でその方針を翻すとは。
離党するのは、個人の自由だが、
比例代表で当選した人は、個人票だけでなく、
その政党への票をもらっての当選なのであるから
議員辞職して 離党すべきである。
それは、菅氏のおっしゃる通りである。

国民生活が、戦後最悪とも言える勢いで 行き詰っているのに
政治家の皆さんは、自己防衛や
利害重視の茶番劇。
まず、国民の生活を守ることに 命がけで取り組んで頂きたい。くだらない政党の争いなどに興味はない。

「おざわって」ばかりいては、信頼は失われ、
ますます政治への関心と期待は薄れていく。
そういう意味で 今回の民主党のお家騒動は、
罪が重い。
スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

公約違反?

拝啓 東広島市長様

現在、市は、新庁舎建設に向けて、庁舎建設特別委員会を設置し、
そのための機関も設置し、建設を推進しようとしています。
でも、待って下さい。
2年前の市長選で 「庁舎建設凍結」を公約に掲げて当選されました。
途中から 凍結を「3年間凍結」と期限をつけられたことには驚きましたが、
それでも 当選からまだ3年経っていませんよね。
これって 公約違反ではありませんか?

元々前市長が、合併協議の中で
最重要項目として掲げておられたのが、この新庁舎建設ですが、
これには、莫大なお金がかかります。
その規模にもよりますが、
約100憶円をかけて 現在4階建ての庁舎を
7階以上の高層にするとなれば、
合併特例債を活用しても 持ち出しは、約60億円。
今、建設用の基金を40億円積み立てられていると聞くが、
その40憶円があれば、
過疎化対策や、高齢者、障害者対策等に十分使えるのではないですか。
より華美な庁舎の建設を 市民が本当に望んでいるでしょうか。
市会議員の多くが、庁舎建設推進派なのは、
どうにも理解ができません。
特に 過疎化の進む合併町は、市のお金を今そんな大型建設費に使われてしまったら
地域の整備や交通網の整備などが遅れることになるのに
なぜ、生活に密着しない庁舎の建設に熱心なのでしょう。

市長が、公約を破るのであれば、それにはそれなりの大義があってのことでしょう。
市民に対して、その理由と庁舎建設を急がなければいけない理由を
説明する責任があるはずです。
こそこそとこんな大型事業が進められていくことに
憤りを感じます。

「ものより人」を重んじる政治を庶民は求めているのです。
箱ものは、作りっぱなしではありません。
維持費、管理費等、永遠にかかるのです。
かつて、市長は、本会議の答弁で
県からの権限移譲に伴い、県の地域事務所の空きスペースを
市役所の一部として 借りたいとおっしゃっていました。
地域事務所は、現市役所の向いにあり、
立地的にも まったく不便はなく、
駐車場もあります。
それで いいのではありませんか。
今やその論議もどこに行ってしまったのか。

庶民派であったはずの市長に
もう一度、原点に帰って頂きたい。

テーマ : 政治家 - ジャンル : 政治・経済

先週1週間、中央大学の夏期スクーリングに出席してきました。
暑い中、集中力が持ちません。
それは、さておいて。
午後は、社会学を履修していたのですが、
その授業の中で 得たもの
「世の中の情報は、バーチャルリアリティであり、
自己の体験ではない以上、そこに表わされていないものや、
語られていないものに 真実があるかもしれない。
見えているものだけを 見ていてはいけない」
ということ。

6日間で 私の脳裏にある事件の疑問が浮かんできました。
2001年9月11日 ニューヨークで起きた同時多発テロ。
世界中が、テロの恐怖と憤りを感じた事件。
アメリカは、憎むべきは、テロを進めた国家として
イラクを攻撃し、フセイン大統領を捕え、
あっという間に処刑してしまった。
今でも 本当に あれはイラクの仕業だったのか、わからない気がする。

私の疑問は、
あの日、私は、テレビ朝日のニュースステーションを観ていた。
番組冒頭から すでに1機めが、貿易センタービルに突っ込んだ映像が
何のコメントもなく、流されていた。
そのうち、もう1機が、ビルに突っ込む瞬間を
世界中が、目撃したわけだ。
でも、なぜ、あのビルの惨劇を ずっとカメラはあの場所から撮影し続けていたのだろう。
街のビルのあちこちに定点カメラがあるのかもしれないが、
1機めが、突っ込んだ後に もう1機が突っ込むことを知っていて
その瞬間を われわれに見せるために あの映像は、
世界中に ライブで配信され続けていたのではないか。
テロを アメリカが仕組んだとは言わないが、
リアルタイムに 飛行機が ビルに突っ込み、ビルが崩壊していく様を
見せられたら 誰でも 怒りを感じるだろう。
本当なら 酷い場面は見せないようにするものだが、
あえて見せていたのだと私は思う。

マスコミにしろ、政府にしろ、
そこから発信されるものが、すべて真実だとは言えない。
恣意的であるのは、いわば当たり前で
報道は、客観的とは限らない。
見ていると思って見ているものが、
実は、見せられているのかもしれない。

テーマ : アメリカ合衆国 - ジャンル : 政治・経済

増税内閣

今回の福田内閣に 名前をつけると(色んな人がつけていますが)、
「増税内閣」になりそうである。

消費税を上げたいと言っている与謝野氏や 伊吹氏の入閣は、
「増税」を 射程に入れた感がする。

8月に入って ガソリン代は、190円(レギュラー)に迫り、
秋以降、公共料金を始めとして
多くの値上げが予定されている。
こんな中で 消費税率を上げるなど
どの面下げて言っているんだ!って感じだ。
今朝の朝刊にも
与謝野氏のインタビューが載っていて
「税制の抜本改正を議論すべき」と語っていた。
景気浮揚策などの具体案はなく、
年金や医療のための財源確保に 消費税を上げることが必須のような発言である。

今、税制の問題よりも
税の使われ方に問題があるわけで
その議論を 後回しにして 増税では、
国民の理解は得られない。

地方は、合併などにより、議員や公務員の数を減らし、
支出を抑える努力をしている(十分とは言えないが)。
国も 国会議員や官僚の数を減らすなどの
大ナタを振るってから 税制の議論をするべきである。


テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

新内閣が、ほぼ内定した。
正直、あまり興味はない。
どうせ 選挙までの時間潰し内閣、あるいは、選挙にらみ内閣である。
国民生活を 何とかしよう内閣ではない。

留任も多く、目新しさは、麻生幹事長くらいだろうか。
なぜ、麻生氏は、貧乏くじになるであろう幹事長を受けたのだろう。
総選挙で 自民党は、勝てない。
その責任を取るのは、党幹部である幹事長。
選対委員長もだが。
この二人は、仲が悪い。

しょせん寿命の短い内閣 というイメージはぬぐえない。
福田カラーが出ているとも言えず。
たぶん、選挙後、自民党の党首になることが、確約されたのだろう。


今、日本国民は、度重なる物価の上昇、先行き不安。
すべてが、冷え込んでいる。
夏休みだというのに
レジャーや観光、外食、すべてを控えてしまう。
財布のひもは、固くなり、
経済は、回らない。

今、打つべき手を 示してもらいたい。
のんびりしているうちに 弱い者から倒れていくのです!

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

 | BLOG TOP |