プロフィール

hiromi1960

Author:hiromi1960
広島県東広島市在住
政治や社会問題に物申す きたくらひろみ
子供たちにツケを回さない社会を目指す
中央大学法学部卒


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


ポスト麻生

来年度の予算案が、国会で可決された。
本当に これで景気浮揚になるのかは、疑問だが、
これからは、ポスト麻生が、焦点になってくる。

すでに 麻生内閣は、「死に体」である。
あれをします、これをしますと言われても
どうせ、もう終わりでしょ って感じだ。
すべてが、空虚な感じである。

自民党内から 麻生総理では、選挙は戦えない
という声が、出始めた。
「別の総裁を立てて 選挙は戦いたい」と武部氏も語っている。

では、別の代表とは、誰か?
青木氏は、自民党色の薄い「舛添氏」を押していると言われている。
確かに 与謝野さんや 石破さんよりは、いいかもしれないが、
舛添氏は、元々学者であり、
官僚出身でもなく、2世のボンボンでもない。
だけど
それでいいのか?

先の総裁選に出ていた人たちは、
今こそ、「私に任せて」とは言わないのか?
もちろん、今は、自民党には、逆風だ。
火中の栗など 拾う気にはなれないのかもしれない。
しかし、チャンスでもある。
80%以上の国民が、支持しない麻生内閣よりも
悪くなることはないだろう。

どうか、総理大臣として
世界に対して、恥ずかしくない人を総理にして欲しい。

自民党が、新しい顔を立てて
小沢氏とどちらが、総理にふさわしいかという選挙にすればいいではないか。
その方が、我々国民も意思表示し易いし、
総理は、直接選択できないが、
間接的ではあるが、国民の意思で日本の顔を選べるということである。

ただ、小沢氏か、自民党の総裁のどちらかと問われても
どちらも嫌だということもあるだろうが、
早めに、国民の意思を問うべきではある。
スポンサーサイト

テーマ : 麻生内閣 - ジャンル : 政治・経済

G7の記者会見での中川財務大臣の醜態は、
ご存知の通りだ。

風邪薬の影響だとか、飲酒による酩酊だとか、
原因がどうかということより、
国際的な場面で 全世界に配信される会見の場で
大臣たるものが、あんなろれつの回らない姿をさらしたことに
問題がある。

海外メディアが、一斉に配信し、
「日本の経済状況は、居眠りなどしている状況ではなかろう」
とコメントしている。

会見での応答も 誤ったコメントをしているものもあり、
応答になっていないものもある。

どう見ても、眠かったのだろうと思う。
頭は、寝ているのだから
まともな受け答えはできないのだ。
どうして眠かったかなどに まったく興味はない。

危機感も責任感もないのか!
このところの中川大臣は、
その表情に覇気がなく、元気がないことが気になっていた。
精神的に病んでおられるのではないかと思って見ていた。
原稿の読み間違いも 麻生総理以上だ。

安倍政権のころは、
最もダンディで 注目の閣僚であったはず。
いつから こんな冴えない閣僚になってしまったのだろう。

進退問題にまで 発展しているが、
ご本人は、辞めたいのではないだろうか。
財務大臣でありながら
独自に経済策は、何もできないのだから
やる気も出ないだろう。

それにしても
あの記者会見は、政治家としての中川氏の汚点となってしまうだろう。

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

政治責任

郵政民営化には、反対だった
麻生総理大臣の発言である。
小泉内閣当時、総務大臣であった人が、公的な場で言ってはいけないことではないのか。
閣僚は、内閣の政策に全員が、責任を負っているはずである。
総理大臣が、勝手に主張して
勝手にやったことで 私は、反対だったんだ
などということが、通るわけがない。

そんなことを言ってしまったら
何のための閣僚なのか。
何のための閣議なのか。
独裁政治をさせるのか。

定額給付金なんて 麻生総理が勝手に言ったことなんで
私は、嫌なんですよ。
なんて 閣僚がいてもいいことになる。
そんなことで 国政を動かされては困るのである。

確かに
郵政民営化には、いろいろな問題点がある。
国民全体にとって より良くなると思っていたのに
過疎地や離島など
郵便局しかなかった所の特定郵便局がなくなってしまい、
お年寄りが、年金を受け取れる金融機関が
まったくない町も出てしまった。

単に 金融や郵便の集配や配達だけでなく、
郵便局が、その地域において担っていた役割は大きかった。
民営化されても それらは、
受け継がれるものと国民は、信じていたのだ。

見直しをしながら 柔軟に運用していくこともいいだろう。

しか~し、
当時の責任者である麻生太郎が、
自分は、反対だったと発言することは、
政治家として あるまじきことである。

そういうことを言えば、受けるとおもっているそのセンスは、
もはや、救い難い。

現自民党政権が、
郵政民営化選挙と言われた大勝によって 支えられてきていることを
忘れてもらっては困る。

麻生さん、
あなたの政策に対して支持されての政権ではないのです。
あなた自身が、支持されるのかどうか、
国民の真意を問うべきでしょう。
その上で これまでの政策の見直しをすべきです。
あなたの支持率は、過去最低なのですから。

テーマ : 麻生太郎 - ジャンル : 政治・経済

 | BLOG TOP |