プロフィール

hiromi1960

Author:hiromi1960
広島県東広島市在住
政治や社会問題に物申す きたくらひろみ
子供たちにツケを回さない社会を目指す
中央大学法学部卒


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


先週末、奈良まで車で出かけた。
ETCでの大幅割引、最大1000円が始まった最初の週末である。
近畿圏の大阪付近では、下りが渋滞していたものの
上りは、いたって順調で 4時間ほどで
予定通り到着した。
帰りも 上りは、やや渋滞していたが、
下りは、順調だった。

ニュースでも
全国的に 2割増しくらいの人出だったと言われている。
あるSAでは、
ETCの車載器とカードをセットで申し込める特別カウンターが
用意されていて
そこには、長蛇の列だった。
しかし、100台限定は、あっと言う間に完売。

販売店でも ETC車載器は、在庫がなく、
仕入の見込みがたたないところや、
早くても 5月下旬とも言われていて
すでに 申し込みを中止している。

確かに
奈良まで行くのに 片道2600円という格安で
今までの3分の1くらいになって助かる。
しかし、
ETCのない車には適用されない。
元々、高速料金は、利用者に平等に負担させるものではないのか。
重量や大きさでの差はあるものの、
ここまで 大きな差をつけることは、
不平等ではないか。

ETC製造メーカーや
ETCシステムのソフトや計器などを受け持つメーカーなどと
結託しての仕業ではないかと考えたくなる。

今回の割引は、2年間の限定であって
永久的なものではない。
果たして 1000円のメリットをどれだけ利用できるものだろう。
ETC関連企業には、一時的に好景気であろうが、
そのあたりにも 天下りの臭いがする。

ETCは、車載器を買っただけでは使えない。
セットアップをして 取り付け、
ETCの専用クレジットカードが必要である。
ETCカードの発行には、早くても1週間はかかるし、
クレジットカードなので 審査もあり、
自己破産経験者や ブラックリストに乗った人は、
発行されない。

もし、政権が民主党に交代して
民主党が主張していた「高速道路 全面無料」にしたら
今のETCはいらなくなるし、
インターのゲートも必要なくなる。
駆け込みで ETCを購入したのは、何だったのか
になる。
そういうことも含めて 選挙前にどうしてもやりたかったのだろう。

世の中には、マイカーを持たない人もいるだろうし、
運転できない高齢者や障害者などには、
何の恩恵もない。
これが、広く国民のための政策とは言えないと思う。

目先のことに一喜一憂するのはやめよう。
環境のため、車を控えようなどと言っていたのも
どこかへ消えてしまったが、
世界環境が悪化し続けていることに変わりはない。

政府には、
もっと広く、国民全体に行きわたる効果のある政策を望む!
スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

最近の政治家の質の悪さには、あきれて、何もコメントする気になれないのだが、
14日、大分市での講演で 自民党の笹川総務会長の発言には、
いささか許し難いものがある。

その発言とは、
「今、うつ病で休んでいる教員がたくさんいるが、
国会議員には、うつ病は、一人もいない。
そんなに弱かったら 務まらない」というものである。

この発言には、ふたつの間違いがある。
まず、うつ病は、弱いからなるものではない。
真面目に頑張ろうとしてうつ病になる人は、多い。
強くても 心が折れてしまうことはある。
うつ病は、完治できる病気であり、
その環境や 置かれた状況によることも多い。

もうひとつは、
国会議員には、うつ病は、本当にいないのか?
現役で 自殺する国会議員さんて 結構多い。
現職の大臣でさえ、自殺した。
彼らは、うつではなかったのか。

こんな発言をできる彼は、
確かに うつ病にはならないだろう。
言っていいことと 悪いこともわからない国会議員の多いこと。
まして 党の幹部だとか、
大臣とかの発言は、「ちょっと言い過ぎた」とか、
「失言でした」では、すまないことを自覚してもらいたい。

混沌とした現在社会に
明るい未来を感じられるような発言、行動をしてもらいたいものだ。

テーマ : 政治家 - ジャンル : 政治・経済

景気対策?

いよいよ定額給付金の手続きが始まる。
すでに 給付を始めた町もある。

果たして 景気浮揚となるだろうか。
12000円をあてにした商品も 色々と出始めている。
12000円の宿泊プランや
レジャープランなど

さらに 高速道路 休日1000円も追い風となっている。
首都圏や都会の高速を除き、地方の高速道路を通行する自家用車や二輪車の
割引である。
大盤振る舞いだが、
あれほど財源がないと言っていたのに
その差額分の財源はどこにあるのだろう。
ETCを購入する助成金も始まった。

一番の景気浮揚になったのは、
ETCを製造するメーカー、販売店、システムを受けている企業なのだろう。
高速道路を使ってレジャーをすれば、
ガソリンも使うし、
食事もし、お土産も買う。
とても 景気のいい話だ。

ガソリンの暫定税率の廃止が叫ばれていたとき、
税の一部は、環境税として
地球環境の保護のために使うなどと
エコを呼び掛けてはいなかったか!
どんどん自家用車で 走れ!とは

しかも
運送業者や公共交通機関には適用されない。
高速料金の大幅値下げで
フェリー業者などは、やっていけなくなる。

やはり、フェリー関係の企業からの献金が少ないから
考慮されないのか
道路族や 石油系は、商事系だから
多額の献金やパーティー券購入してもらえるんだろうなあ
と思ってしまう。

私の定額給付金は、もらいます。
一瞬の景気であっても
くれるものはもらって 何かに使います。
個人的には、定率減税の方がありがたいですが

テーマ : 定額給付金 - ジャンル : 政治・経済

 | BLOG TOP |