プロフィール

hiromi1960

Author:hiromi1960
広島県東広島市在住
政治や社会問題に物申す きたくらひろみ
子供たちにツケを回さない社会を目指す
中央大学法学部卒


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


SMAPの草剛さんの公然わいせつ罪逮捕のニュースは、
あっと言う間に広まり、
毎日のように 報道された。
驚くことに 通常のニュース番組でも取り上げていた。

夜中の公園で 全裸で大声を出していたという。
多分、泥酔状態だった彼は、
公園を我が家と勘違いし、
衣服を脱いで 裸になったのだろう。
だから、警察官に注意された時も
「裸になって 何が悪い」と言ったのだろう。
普通は、こんな時、連れがいれば、
「すみません。」と言って終わることなのだが、
不幸にして 連れがいなかった彼は、
抵抗してしまった。
そのため、逮捕されたわけだが

その後のマスコミは、何か大罪でも犯したかのような大げさな報道を繰り返した。
誰かを傷つけたとか、強盗をはたらいたとかいうのではない。
多少、うるさいと感じた人はいたかもしれないが、
直接的な被害者がいる事案ではない。

こうした大げさな取り上げ方は、
一人のタレントのタレント生命をも
奪いかねない。
彼の出ていたCMは、すべて中止された。
テレビへの出演も 自粛する。

マスコミは、時として
正義の味方のように勘違いして
たいしたことでもないのに
鬼の首でも取ったかのように
攻撃、非難の報道を行う。
しかし、これは、とても無責任に行われ、
内容に行きすぎた場合があったり、
間違っていても
ほとんどの場合、誰も責任を取らない。
CMの降板や、番組の差し替えなどにかかる損害賠償など
実質、損害が発生することなど マスコミの知ったことではないのだ。

芸能人に限らず、
週刊新潮の偽報道の対応でも
自分たちも騙されたんだ と被害者を主張。
「ペンは、剣よりも強し」とは、
どんな権力にも屈しないほどの正義を貫く、真実のペンの強さをいうのであって
何を書いても許されるということではない。

社会に有益で 人々に真実を知らせることが、
正義に繋がるというものを
しっかりと取材し、吟味して報道されたい。
無責任な報道によって
抹殺されたり、風評被害を被っている人や会社があることを
真摯に受け止めてもらいたい。


スポンサーサイト

テーマ : 気になった事 - ジャンル : ニュース

3日前、元アイドルの清水由貴子さんが自殺したというニュースが流れた。
ここ数年は、その姿を見ることはなかったが、
かつて、スター誕生で ピンクレディを抑えて
グランドチャンピオンになり、
歌手デビューした人だ。

デビュー曲は、「お元気ですか」
その明るい笑顔と 澄んだ声で アイドルとなった。
欽ちゃんファミリーの一員となって
タレントとしても活躍していた。

それが、
母親の介護のため、事実上、引退していた。
そのことは、知らなかった。
霊園の前で 亡くなっていた。

最近、こうした介護疲れが原因とみられる事件が後を絶たない。
殺したとか、無理心中を図ったとか。

介護保険制度が、導入されて 介護が楽になるはずなのに
医療から 介護が切り離されて
個人や家庭の負担が大きくなっただけのように思う。

介護保険制度によって
それまで医療機関で看てもらえた高齢者が、
病院から追い出されて
介護施設への入所を待たされることになった。
介護保険の認定も ハードルを上げられて
認定されない高齢者も多い。
足腰が悪かったり、軽い認知症くらいでは、
介護認定が受けられず、リハビリやデイサービスが、
全額自己負担となる。

介護保険制度によって 個人では、厳しい部分が
公的な援助を受けて 楽になるはずではなかったのか。
少子化で 兄弟も少なく、
親の介護のために 働けなくなったり、
経済的にも 肉体的にも 精神的にも
追い込まれている現実。

実際には、介護を公的に援助するためではなく、
高齢化により、嵩む医療の保険料を上げることが難しいため、
介護保険料という形で 徴収するためだったのだ。
40歳以上だと 低所得者であろうと
高齢者であろうと 年金生活者だろうと
有無も言わせずに 徴収されてしまう。

保険料を徴収されても
ボケても 病気になっても
安心して 年を取れる政策になっていれば、
それでも納得できる。
残念ながら 今の日本では、
安心して 年を取れない。
お金がなければ、介護施設への入所もままならない。

安心して 年を取れない国って
一体何なんだろう。

北欧のように 
税負担が高負担であっても
将来の医療や介護が、保障されていれば、
苦ではないだろう。

個人への負担を軽減するための政策、制度が求められる。

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

衆院選近し?

ここのところの世論調査では、麻生内閣の支持率が、アップしているとか。
内閣を始めとする自民党の皆さんも 気を良くしている様子。

支持率アップと言っても まだ、30%にも満たない。
しかし、下がる一方だったのだから
明るい兆しではある。

逆に 民主党は、支持率を下げている。
原因は、もちろん、小沢代表の秘書の起訴である。

そもそも、この事件は、何なのか。
その罪状は、公職選挙法の収支報告書の虚偽記載である。
東京地検が、
わざわざ、野党第一党の代表の秘書を逮捕したのだから、
その先には、もっと大きな事件が潜んでいて
その布石なのだろうと 誰もが思った。
しかし、
それ以上に進む様子がない。

西松建設からの献金を
ダミーの政治団体を経由させて 受け取るようにする。
その方法を 小沢氏側が、
率先して 指導、支持した というような証拠でもあれば、
ことは、大きくできるかもしれないが、
実際には、
「大山鳴動して ネズミ一匹」状態だ。

小沢氏以外にも 違法(と言われている)献金を受けていた。
自民党議員さんたちは、
「違法性はないが、返還する」と言っているが、
すでに その団体は、存在しないのに
誰に向けて 返すというのだろう。
違法性がないのなら そのままでいいではないか。

二階氏が、
事務所費を立て替えて払ってもらっていたことの方が
よっぽど 分かり易い気がする。

小沢氏は、自分には、何の違法性もないのだから
民主党の代表を降りる気はないと言うが、
違法なことをしたのか、どうかは
すでに 関係ないのである。
「政権を取れるかどうかを判断基準にする」
と言っているが、
支持率が、下がり続け、
有権者の多くが、代表を辞任すべきと言っていることからしても
政権を取ることは、難しいのではないか。
十分に判断できると思うが

民主党の議員さんも
「進退は、代表が判断されること」
と言っているが、
それは、違うだろう。
民主党という政党が、
小沢氏個人によって結成されたのなら そういうこともあろうが、
小沢氏は、自由党という小さな党の党首であって
途中から 加わった人である。
党首にふさわしいかどうかは、
党員が、判断するべきことである。

一瞬でも 自民党より民主党に政権を
という世論が、多くなりつつあったのに
今度の事件で ダーティなイメージを持たれてしまっては、
政権奪還は、厳しくなる。

いつも 民主党は、あと一歩で 自滅する。
今度だけは、どんなことをしても 政権を取るのではなかったのか。
それなら
なぜ、執行部は、小沢氏にこだわるのか。
それは、小沢氏に代わる人がいないからだ。
人材不足を 露呈してしまったのだ。

小沢氏が、あれだけの献金を受けられるのは、
古い自民党を 踏襲しているからである。
誰よりも 自民党らしい人なのだ。
そんな人と 民主党は、沈没するつもりらしい。

一方の自民党は、今なら勝てる(負けない)と
勢いづいてきている。
5月以降に 衆院選が行われる可能性が出てきた。

テーマ : 民主党 - ジャンル : 政治・経済

 | BLOG TOP |