プロフィール

hiromi1960

Author:hiromi1960
広島県東広島市在住
政治や社会問題に物申す きたくらひろみ
子供たちにツケを回さない社会を目指す
中央大学法学部卒


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


古賀選対委員長が、宮崎県知事東国原氏に
自民党からの出馬を求めた。
それに対し、東国原知事は、
「私を 次期総裁候補として戦ってくれるのなら 考える」と答えたという。

売り手市場だから 何でも、今なら言えるということだろうか。

それにしても
自民党も末期としか思えない。
人気に肖りたいという思惑が見え見えだし、
彼が、すべてを公に話してしまうことも分かっているだろうに
パフォーマンスにしても
あまりに稚拙だ。
自民党内部でのコンセンサスも取れていないようだし、
総裁候補になりたくても なれない古刹が大勢いるわけで
知事の要求はとても のめるはずもない。

地方自治には、限界があり、
国の命令や省令、規則に縛られて 何も思うようにできない。
国のしくみを変えないとダメなんだという知事の考えは分かるが、
宮崎県民としては、まだまだ、宮崎県を立て直してからにして欲しいと思うだろう。
でないと、裏切られた気持ちになろう。

一方で 橋下大阪府知事や中田横浜市長らが、
政治グループを立ち上げた。

地方が、国を動かそうというひとつの動きの始まりだ。
かつて こんなことはなかった気がする。

民間から 意欲を持って 地方の首長となり、
それぞれの県や市町で 腕を振るってきた人はいたが、
それでも 権限の多くを国が持っているため、
思うようにはできないのが実情。

各地方に人々の暮らしがあって、
その人たちの暮らしを守ることが、国を守ることでもある。

今の麻生政権は、自民党からも総スカンを食らっていて
麻生おろしが実しやかに 囁かれている。
良くも悪くも 自民党総裁として 麻生太郎を選んだのなら
最後まで 支えるのが党だと思うが、
三行半を突き付けられているようだ。

党人事も 内閣改造もできない。
麻生総理のリーダーシップは、まるでない!
そんな人にいつまでも
日本の舵を 持たせてはいられない。
スポンサーサイト

テーマ : 自民党の腐敗 - ジャンル : 政治・経済

郵政の西川社長の続投を認めないとする鳩の乱は、
鳩山大臣の辞任で 決着しようとしている。

今朝、麻生総理との会談で
「何とか、落とし所を」と言われたが、
「信念は、曲げない。だめなら 辞めます」と自ら
辞任を申し出たという。

なぜ、鳩山氏は、あれほどに 西川氏を嫌うのか。
なぜ、麻生総理は、西川氏にこだわるのか。

われわれ 国民には、よく分からない。
確かに 郵政民営化の中で
簡保の宿などの売却の査定が、
破格に安く見積もられ、いとも簡単に オリックスに
一括売却された。
これが、本当に 国民の利益になるのか。
その点で 鳩山氏は、影で 西川氏が、
利権をむさぼっていると 主張していた。

今日、辞任を決めた後の会見で
「正しいことが通らない政治では、辞めるしかない。
私が、正しかったことは、いずれ歴史(1年以内)が、証明してくれる」
と語った。
鳩山氏には、新党結成の決心があるのではなかろうか。
大臣を辞めても
国民の利益のために 正義を通す姿を見せ続けることで
国民に対しては、好印象を与え続けることができる。

今の麻生政権に 疑問を感じ、不安を感じている自民党議員も少なくない。
それらをまとめて 新党を作ることも
今なら できよう。
「友愛党」なんて どうだろう。
麻生総理にとっては、自分を総理に推してくれた恩人を切ったわけでもあり、
党内にも 国民に対しても 悪印象を持たれ、
大打撃である。

さて
次の総選挙は、面白くなるかも?

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

1990年に起こった足利事件のDNA鑑定が否定された。

犯人として逮捕されて 起訴され、
無期懲役の刑が確定して 服役中だった菅家利和さんが、
釈放された。

正確には、まだ、無罪となったわけではない。
再審が開始され、最高裁が、「無罪」を言い渡して
初めて 無罪となるのである。

釈放された菅家さんの記者会見を見た。
「18年を返して欲しい。警察や検察に謝って欲しい」と言われていた。
謝られても 失われた時は、取り戻せないし、
すでに、この事件は、時効が成立しているため、
真犯人を突き止めることもできない。

18年前のDNA鑑定は、せいぜい1000人に1~2人程度の一致しか、
分からなかったと言われている、。
にもかかわらず、DNA鑑定の証拠能力を過大に評価していた。
今回の鑑定で ほぼ一致しないことが証明されたが、
これすらも 絶対的なものではない。

我々素人は、DNAも 指紋のように
100%一致するものだと思っているが、
実はそうではなく、声紋のように
同じところがどれだけあるかで 判断するものなのである。
100%でないものを 絶対的なものと考えるところに問題点がある。

そもそも、科学とは、
ある仮説を 証明するために 検証と理論付けされるものであるから、
これが、絶対的なものだとは、言えないのだ。
常に 新たな理論や学説に 覆され続けて
進歩していくものなのである。

科学的に実証されれば、間違いないということはない。
まして、人の人権を侵害する司法の場で
科学的な証拠を最大の証拠とするのは、
危険極まりない。
18年前より、現在は、より精度が高いといっても
絶対的ではない。

もっと言えば、衣服に付着していた体液のDNAが一致していても(一致していると思われるが正しい)
それで 殺した証拠とは言えない。

裁判で その被告を 犯人と言うからには、
自白はもちろん、その他の凶器や状況証拠や
証言などの証拠を積み上げて 慎重にも慎重を重ねた上で
判断することになっている。

それが、科学的証拠を過信しすぎて
今回のような冤罪を産んでしまったと思う。

DNA鑑定を 最も有力な証拠とするようになった最初の事件がこの足利事件である。
動かぬ証拠だと 突き付ければ、自白させ易いということもあるのだろう。

今回の菅家さんも 取り調べ初日で 自白しており、
公判中にも 認めたり、否認したりを繰り返している。
捜査や取り調べにも問題はあるだろうが、
科学的捜査などというと 人間以上の正確さがあるなどと思ってはいけない。

科学的根拠も 科学的証明も
すべて 人間が、作りあげているのだから
絶対的だと過信すべきではない。

それから
万が一、何かで 警察に逮捕されることがあったら
裁判の時に 否認すればいいなどと思わないほうがいい。
日本の司法の場で 自白を覆して
無罪になることは、1%もないと言われている。
とにかく、やってないなら 認めないこと。
自白の証拠能力も 今の日本では、大きく評価されるのである。

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

現在、国会では、幼児などの子供への脳死移植を可能とする法案の審議がされている。
WHOが、自国の移植は、自国で行うことが望ましいとの
見解を出したためである。

ご存知の通り、移植以外に延命の見込みのない幼児は、
寄付金などを募って その多くは、
アメリカで 提供者を待って 移植手術を行っている。
その費用、滞在費などは莫大で
5000万円~1億円が必要と言われている。

患者家族の負担は、大変なものだ。

脳死状態での生きた臓器が必要な場合、
現在の日本では、子供の提供は、認められていない。

出されている法案は、
15歳以下の脳死の定義、提供の要件などが、
少しずつ違う4つの案である。

臓器提供以外に生きることができない子供を持つ親の立場に立てば、
子供の脳死を死と認めて
移植医療の可能性を広げて欲しいという望みは分かる。
一方で 脳死を宣告された子供を持つ親の立場になれば、
脳死状態で もう反応もない我が子だが、
髪の毛も伸び、爪も伸び、
体には体温がある我が子を 死んでいるとは認めたくないだろう。

実際、脳死状態と判定されてからの1年以上の延命事例が
増えているという。
1歳半で娘が、脳死状態になった母親が、
「体に体温もあり、髪の毛も爪も伸びる我が子は、
生きているんです。心臓が止まって、身体が冷たくなった我が子を
抱いた瞬間、ああ、死んだんだと思いました。
脳死を子供の死だなんて 思える親はいません。」と言っていた。

病気を抱えた子供に生きて欲しいと思う親の気持ちも
反応のなくなった我が子でも 生きていて欲しいと思う親の気持ちは、
同じ気持ちだと思う。

脳死移植を望むことは、他人の子供の死を望むことでもある。
仮に 移植の道が開かれても
移植によって 長く生き延びられる例は、
多くはない。

人それぞれの倫理感と 親心。
法で それを規律することは難しい。

どの法案も 親の同意で可能としているが、
まともな親なら 心臓が動いている子供の息を止めて
その体にメスをいれて臓器を取り出すことに
とても 同意できないはずだ。

どちらの立場に立っても
人の死を 人が(たとえ親であっても)決めることなんて
本当にできるのだろうか
と思ってしまう。

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

 | BLOG TOP |