プロフィール

hiromi1960

Author:hiromi1960
広島県東広島市在住
政治や社会問題に物申す きたくらひろみ
子供たちにツケを回さない社会を目指す
中央大学法学部卒


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


引き際

4日、横綱朝青龍が、引退を発表した。
今回の泥酔傷害事件が、毎日のように報道され、
横綱の「品格」なしとして 世間の非難を浴びての結果だ。

当日の相撲協会で 「解雇」に過半数が賛成したことを受けて
高砂親方が、「自分が説得する」と言ったとか。

本人は、まだ若く、十分に現役を続けられると思っていただろう。
しかし、世論が、それを許さなかった感じだ。
協会も 今までの甘い処分を非難され続けてきたので
今回は、毅然とした態度を示す必要があったのだ。

ヒール役として 土俵上に必要な存在ではあっただろうが、
「横綱」は、強ければいい というわけにはいかない。
「品格」が問われる地位であろう。
しかし、彼のキャラクターなら 今後も活躍の場所はあるであろうから
不名誉な「解雇」より、「引退」を選んだことは正解だろう。
本人には、詰め腹を切らされた気分だろうが、
手を挙げて 声援に応えて会見場を去る男らしさは、
潔く見えた。

一方で
自身の秘書ら3人が逮捕され、起訴されながら、
本人は、不起訴になったことに息を返している政治家もいる。
朝青龍と違って こちらは、政治家である。
起訴されなかったからと言って 無実ということではなく、
証拠不十分ということで 確かに、検察の敗北ではあるが、
「自分は何も知らない」と言って
自らには、責任がないと言ってのけるのは、
潔くはない。

ある程度の地位にある人は、
その引き際に 「男の美学」を感じさせて欲しいものだ。
スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

朝青龍問題

日本相撲協会の理事の改選が、本日投票を迎える。
注目は、それよりも
朝青龍問題となってしまっている。

今までも何度となく、問題を起こし、
その都度、厳重注意で済ませてきたツケが、回ってきた形だ。

今回の件には、いくつかの問題がある。
まず、本場所中に 午前4時頃まで 泥酔するほどの飲酒をしていたこと
さらに 覚えていないと言っているが、鼻骨骨折するほどの暴力をふるっていること
そして、マネージャーとのトラブルだと 嘘の報告をしていること
である。

横綱としての品格も 自覚もない

本来なら 引退勧告に値するであろうに
協会は、及び腰である。
ファンの方が、堪忍袋の緒が切れてしまっている。

かつて 横綱「双羽黒」が、引退勧告を受けて 引退したことがある。
あのときよりも 問題は大きい。
被害者と示談できたとか、そういう問題ではない。

「横綱」という地位を汚し、相撲界に泥を塗った行為なのである。
この問題に 毅然とした処分を下せない今の相撲協会が、
何よりも情けない。

刑事処分とは関係なく、
相撲界として許されることなのかどうか。
仮に 暴力はふるっていなかったとしても
本場所中の深酒や、虚偽の報告をしたことだけでも
十分に処分対象であろう。

力士人気頼みの相撲協会の弱さが露呈した。

本日の理事選で 相撲協会の改革が進めばいいのだが

テーマ : 気になった事 - ジャンル : ニュース

 | BLOG TOP |