プロフィール

hiromi1960

Author:hiromi1960
広島県東広島市在住
政治や社会問題に物申す きたくらひろみ
子供たちにツケを回さない社会を目指す
中央大学法学部卒


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


議員の意思

東広島市議会は、先にも書いたように
国民健康保険税の約20%の値上げを
6月の定例会で原案通り可決した。

議会会報委員会では、可決に至った各議員の賛否について
「議会だより」の公表することを決めた。
これは、上げ幅が大きく、市民への負担が大きいこと、
原案をそのまま可決したのではなく、
11.5%の修正案を提出した議員もいて
それなりに議論を尽くしての結果であったことを
市民に伝えたいからだろう。

ところが、
全員協議会で 「公開基準がはっきりしない」などの理由で
公開を拒むものや確認を拒む議員が出たのである。

そもそも議会自体公開であり、
その結果が、公表されても何の問題もないはずである。

議員は、選挙によって市民の付託を受けている。
議案に対しての賛否は、個人の意思ではなく、
市民にとってどうなのかということや
回りの支援者などの意見を聞いて意思表示すべきである。

当然に、採決で示した意思表示には、絶対的な自信を持ってのことであろう。
その意思表示を名前を挙げて公表されると困る理由があるだろうか。

議会が村の寄り合いと違うのは、
選挙で多くの市民の付託を受けた人たちの集まりであるということ。
個人の意見を交わすだけの場ではないということである。
公人であれば、その行動、言動には、
責任と義務があるのは、当然のことである。

今後も重要な議案にたいしては、
各議員の賛否の公表を望む。
スポンサーサイト

テーマ : 議員って? - ジャンル : 政治・経済

昨年、大津市で自殺した中2のいじめ問題が、連日報道されている。

ご遺族の皆さんの心痛はいかばかりかとお察しする。
そして、亡くなった少年のご冥福を祈ります。

校内で行われたアンケート結果やその対応について
マスコミは、いかにも学校や教師に問題があったかのような報道である。
もちろん、学校側の認識の甘さ、対応のまずさは大きい。
それだけにしてしまうと
ここだけの問題となってしまいそうだ。

大切なことは、どうやって子供たちを守るかということだ。

彼は、遺書を残していないので
「○○君たちにいじめられて辛いので 死にます」といったようなものはない。
あれだけのいじめを受けていたのだから
かなり、そのことを苦にしていただろうと
想像は出来るが、学校にそれを断定することは出来ないだろう。

多くの子供たちが、彼へのいじめを見聞きしていたことから
教師にもその認識はあったはずだ。

彼は、自殺する直前には、
「学校を休みたい」と言っていたし、
約40万円ものお金を引き出していた。
大きなSOSを発していた。
担任にも相談していたという。

子供は、なかなか自分の口から
いじめられているなどと言いはしない。
親に心配かけたくないし、子供なりのプライドもある。

親として 小さなSOSに気づいてやらなければならないし、
気づいたら 親として何が出来るか、子供を守ることを考えなければいけない。

うちの息子も小学生の時、いじめにあっていた。
けがをして帰ってくるので
「どうしたの」と聞いても
「転んだ」といか言わない。
鞄が切られていたり、制服が破れていることもあった。
ある日、上級生にプールで頭を押さえつけられて
おぼれさせられた。
そのことを教えてくれたのは、隣に住む同級生だった。

このままでは、殺される
担任にも言ったが、
「私は見ていないので」と言われた。
学校や教師には期待できないと思ったので
引っ越して 転校することにした。
次の学校に馴染めるかどうか不安はあったが、
義務教育は、転校は簡単だ。
幸い、次の学校にはすんなりと馴染み、いじめに会うこともなかった。

引っ越さないまでも 事情によっては、転校は認められることも多い。
まずは、いじめている子から離すこと。
そして、出来るだけ子供の近くにいて
いじめている子たちが近づけないようにする
様子を聞かせてくれる同級生を作る
など
出来ることはある。

学校も
教師も
ことを荒立てたくないと思っている。
いじめている側の親と向き合って対応しただろうか。
いじめられている子より、
いじめている子の方に問題はないのか。

まず、わが子の命は、親が守るという強い意志が必要だし、
わが子のためなら何でもするという覚悟と行動を示そう。

そして
死にたいと思っている君
死んでも 何も解決しないよ
いじめた子への仕返しにはならない
彼らは、後悔もしないし、苦しみもしない
君にとって大切なはずの両親やおじいちゃん、おばあちゃん、兄弟や友だちに
苦しみと悲しみを与えるだけだよ
君の命は、君が勝手に短くしてもいい命じゃないんだよ
両親やそのまた両親、延々と繋がれてきた命のひとつなんだよ
逃げてもいい
泣いてもいい
学校に行きたくなければ、行かなくてもいい
死んではいけない

われわれ大人は、子供たちの変化に気づけるように
もっと子供の近くにいよう
話をしよう

家庭、地域、学校が、連携して子供を守ろう。
いじめている子にも 家庭があるはずだ。
その子たちの親が見えてこないことにも
違和感がある。

いじめのない社会を期待することは難しい。
大人になっても いじめはある。
負けない人間になるためには、仲間=友人をたくさん持つことだ。

この事件は、刑事事件になりそうである。

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

<span style="color:#33ff99">国政では、消費増税が、国民を無視して決まろうとしている。

消費税上がるということは、すべての消費額が増えるということで
家計を圧迫する。

東広島市は、来年度、国民健康保険税を約19.5%上げる。
6月の定例議会で いとも簡単に可決された(反対した議員、他の案を出した議員がいたことも付け加える)。
約2割も税負担が増えることを
なぜ、そう簡単に良しと出来るのか。
市民の付託を受けている市会議員が、
市民の負担増を簡単に決めることは、理解に苦しむ。

今の市議会は、そのほとんどが、
市長与党と言われている。
市からの提案は、鵜呑み状態か!

電気料金の値上げや水道、下水道料金なども
知らないうちに上がっていたりする。
これらの公共料金にかかる消費税も上がる。

食品の原材料、たとえば、小麦粉や砂糖などが値上がりしたり、
燃料費が値上がりを続けている日々、
われわれの生活は、圧迫され続ける。

民主党の内紛も 原点に返ってみれば、
選挙の時のマニフェスト違反をしているのは、
野田内閣と党執行部の方であり、
国民に対して、造反しているではないか。

八場ダムの中止も撤回、高速道路無料化も実現せず、
消費税も4年間は上げないと言っていた。
官僚の天下りの廃止もなされていない。

高速道路の建設も再開する。
コンクリートから人へ もどこかに消えた。
消費増税の中身も 自民党とあまり変わらない。

政権交代に期待した国民を早くも裏切っている。
造反どころか、謀反者だ。

先日、ある人に聞かれた。
「今年中に選挙があるかも知れないが、
多分、候補者は、今のままだ。どちらにも入れたくない。
どうすればいいか。」と

ダメな信用出来ない議員は、選挙で落とすべきと主張してきたが、
実際には、信用出来る、期待出来る候補者がいないのだ。

それでも、選挙は、棄権してもらいたくない。
以前、私は、
「該当者なし」と書いたことがある。
棄権はしたくないが、誰にも入れたくない意思表示をしてもらいたい。
誰かが、当選してしまうが

テーマ : 政治・地方自治・選挙 - ジャンル : 政治・経済

 | BLOG TOP |