プロフィール

hiromi1960

Author:hiromi1960
広島県東広島市在住
政治や社会問題に物申す きたくらひろみ
子供たちにツケを回さない社会を目指す
中央大学法学部卒


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


ロンドンオリンピックの最中、「消費増税案」が国会で可決された。

民主党と自民党、公明党の3党合意によって
辛くも 野田総理の悲願が達成されたことになる。
ただ、自民党は、早期の解散総選挙を求め、
実現されなければ、内閣不信任案の提出も辞さないと言っている。
何と、弱い合意なのか。

「税と社会保障一体改革」と言いながら、
社会保障の中身はほとんど示されないまま、
増税だけが決まった。
今のままの社会保障制度を貫くには、財源が足らないというが、
今の制度の問題点や改革案が十分には説明されないまま、
国民の負担ばかりを求める。

消費税が8%になる前に 自動車や住宅のような高額な消費が、
駆け込みとしてあるかも知れないが、
この駆け込み需要は、その後の10年以上の需要が期待されなくなる。
液晶テレビがいい例だ。

多分、年内には、衆議院を解散し、選挙がおこなわれることになるだろう。
ただ、今国政選挙があっても
実際、議員になって欲しい人がいないという有権者は多いのではないだろうか。

以前、当ブログにも書いたが、
現在の国会議員にはもう任せられないと思っても
現職しか立候補しなければ、また、そのうちの誰かが当選する。
新たな立候補者を立てない限り、
現職や前職を排除することは出来ない。

そんなこともあって、投票率はますます下がってしまう。
地方の首長の選挙でさえ、
その投票率は、50%どころか、30%にも満たない状態である。
わずか30%のうちの6割の投票を得ても
それは、市民や県民の付託や信任を得ているとは到底言えない。

そこで、せめて国政では、
最低投票率を設定すべきである。
50%以上の投票率がなかった選挙区では、
当選者を出せない制度にする。
その場合、再選挙を行う方法もあるが、
任期中は、その選挙区の国会議員はいないということにする。
つまり、定員は、最大数であり、それ以下でもいいように
法律を改正する。

わが町の代表者を出したければ、
選挙に行かなければならないし、
立候補者も 当選したければ、投票行動を呼びかけなければならない。

よほど偏った地域でなければ、
どんなに大きな組織票を持っていても
有権者の50%は、難しいだろう。

立候補者も有権者ももっと危機感や使命感を持って
選挙に臨んでもらいたい。

地方選挙でも 是非、一考すべき。
特に、国政は、立法機関であり、我々の生活や将来を大きく左右するのであるから
国民の意思が尊重されるためにも
是非、最低投票率の設定をすべきである。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

オリンピック

連日連夜、オリンピック観戦で寝不足な人が多いことだろう。

かく言う私も ほぼ毎晩、朝まで観ている。
それぞれの活躍に心躍るが、
中でも 昨夜のバドミントン女子ダブルスの決勝は感動した。
私自身が、34年間バドミントンをやっていることもあり、
バドミントンには、一番注目していた。

ところが、無気力試合をしたとして
4組の選手が、失格となる前代未聞の事態となった。
あの無気力試合は、あまりにひどい。
2位通過したいということも戦略としてはあるだろうが、
サーブも入れず、打ち返しもせずという姿を
入場料を払ってアリーナにいた人だけでなく、
全世界の人に対して また、バドミントンを愛する人たちに対して
あまりにも失礼な態度だった。

もちろん、選手が勝手にしているのではなく、
監督からの指示があったろうし、
中国は、本国からの指示であったろうと思われる。
「金と銀を取れ」と。

ある意味では、選手は被害者なのかも知れない。
そんな騒動の中で、藤井・垣岩組は、
実力で勝ち進み、決勝でも
何度も見せ場を作ってくれた。
テレビに向かって 拍手をし、バンザイをし、
銀メダルを受けた時は、泣いてしまった。

こういう感動をオリンピックには、求めているのだ。
元々は、アマチュアスポーツの祭典と言われていたが、
今では、バスケやバレーボールなど
プロ集団になってしまった。

今回のロンドンオリンピックでは、誤審による不信感も多い。
特に、柔道にジュリーという審判を監視する役割があって
判定が、簡単に覆るということが多かった。
これでは、何のための審判なのかと疑いたくなる。

ボクシングでも あり得ない審判がいた。
たくさんの審判が必要なため、その資質までみられないというのか。
それぞれの協会が、審判を選出するはずで
審判が、公正なジャッジをしてくれないと
4年に1度にかけてきた選手は浮かばれない。

どんなスポーツも ルールを守り、
そのジャッジを審判にゆだねているのだから
お互いの信頼が裏切られるようなことが続いているのは残念だ。

今回、日本人選手の多くが、20代前半が多く、とても若い。
みんな笑顔を浮かべ、オリンピックを楽しんでいるかのようだ。
時代は、変わったと思う。

全力で戦った結果としてメダルがついてくれば良しだが、
その首にメダルはなくても
確かに彼らは、輝いている。

テーマ : オリンピック総合 - ジャンル : ニュース

 | BLOG TOP |