プロフィール

hiromi1960

Author:hiromi1960
広島県東広島市在住
政治や社会問題に物申す きたくらひろみ
子供たちにツケを回さない社会を目指す
中央大学法学部卒


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


元社民党党首の土井たか子氏が亡くなられた。

今、安倍政権で女性登用を掲げているが、
まだまだ女性政治家の少ない頃に
「やるっきゃない」と立ち上がり、
「山が動いた」とマドンナ旋風を起こし、一代を気付いた女性政治家だ。

当時の男性社会の社会党で
多くの女性議員を当選させた勢いは、今でも忘れられない。
その存在感と護憲を訴え続けたその姿に憧れるし、
尊敬出来る政治家の一人だ。

戦争の経験から、絶対に戦争はしてはいけないという信念と
市民のための政治を貫いた人。初の女性議長にも就任。
今、女性をと改めていうことよりも
本当に乞われて政治家になった人だ。

元々は、政治家になりたかったわけではないという。
憲法学者の田畑氏を支持して、研究者となり、
田畑氏から政治家になることを薦められたという。
12回連続参院選に当選。

そのブレない姿勢は、多くの人から羨望と尊敬を向けられていた。
「おたかさん」以来、多くの女性政治家が生まれているが、
土井たか子氏に匹敵する人も続く人もいない。

かつての社会党はその党名もなく、
あれだけ勢いのあった社民党もその存亡も危ぶまれる状況だ。
引退されてからこうした現状をどう思っておられたんだろう。

与党独裁の危うさと野党のふがいなさに一喝頂きたかった。

ご冥福を祈るとともに、第2の「おたかさん」の出現を切望する。
スポンサーサイト
3日、第2次安倍内閣の閣僚が発表された。

特に、サプライズはなかったと思うが、
強いて言えば、元総裁の谷垣氏が幹事長になったことくらいか。

自民党の総裁で総理大臣になれなかったのは、二人だけ。
その一人である谷垣氏が、言わば格下で
来年の統一地方選挙の責任者ともなる幹事長とは。

女性閣僚を5人起用したと言うが、
果たして適材適所と言えるのか。
女性の登用を推進することをひとつの柱にしているためだが、
小渕氏の経済産業大臣は、原発問題などで
男性よりも世間の風が弱まるのを期待しているように見える。

多くの新聞が書いているように
来年の総裁選の再選を意識した顔ぶれだ。

一部に言われるように石破つぶしでもあるだろう。
ただ、石破氏が総理にふさわしいとは思わないが。

フレッシュ感や期待感は、正直なく、
来年、当たり前の顔をして消費税10%引き上げを実施するのだろう。

自民党らしい自民党になってきた。
新しい省庁を作りたがるが、
それは、役人や官僚、組織を増やすことで、
行政改革には逆行だ。
本当に必要なのか。

自分たちと財界、米国に都合のいいことはすぐに実施するが、
多くの庶民の思いには、耳を傾けることはない。

誰かに期待できるかと問われれば、
有村治子氏に期待を感じる。
民間企業に勤務した経験もあり、
二人の子供を持つ母として、
働く女性としての視点から、今までにない提言をして頂きたい。

今回の内閣で、唯一期待している。
弱い人、力のない人に手を差し伸べられない政治は、
政治ではない。

正しい正義感を持って、国政にあたって頂きたい。

 | BLOG TOP |