プロフィール

hiromi1960

Author:hiromi1960
広島県東広島市在住
政治や社会問題に物申す きたくらひろみ
子供たちにツケを回さない社会を目指す
中央大学法学部卒


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


ばらまき外交

12日、安倍総理は、フィリピンに対して、5年間で1兆円の経済協力を約束した。

安倍さんは、海外に行っては、経済援助などの約束をしてくる。

その規模は、1年3か月で52兆5400億円にも上る。
その主なものを挙げると

ミャンマーに 9000億円の免除と910億円のODA
中東、北アフリカ地域に 2160億円の支援
シリアの女性支援  3000億円のODA
ASEANに 5年間で2兆円のODA
モザンビークに 700億円のODA
アメリカのリニア構想に 500億円の融資
インドに 2000億円の円借款
バングラデシュに 6000億円の支援
ウクライナに 1500億円の経済支援
などなど
挙げればきりがない。

外ずらの良さは、歴代総理では、一番だろう。

一方で、国内では、経済格差が広がり、
非正規雇用や失業者も増え、生活苦にあえぐ人は増加している。
介護職や保育士の低賃金なども問題となっている。

昨年、消費税の増税を見送ったために社会保障費が不足しているとして
今年は、年金の受給額が初めて減額される。

国内では、ほんのわずかの手当しかしないが、
海外には大判振る舞いだ。

しかし、安倍さん。
それは、あなたのポケットマネーではない。
我々国民の血税だ。
あなたに預けて、好きにお使いなさいと言ったことはない。
国内の施策や事業に使うならまだしも、
海外でのあなたの評判を上げるために使われたのではたまったものではない。

これだけ多額のばらまきを総理大臣が勝手に決めていいものなのか。
国会は、意義を申さないのか。
我々国民の意思はどこにも反映されないのか。

今や国民一人800万円以上の借金を抱える借金大国日本。
それが、飢え死にする仲間を無視して
海外へ大金をばらまき続ける。
こんな政治を許していていいのか。

安倍政権は、大金のばらまき以外の外交政策を全く持っていない。

国内では、貧困層が増加し、奨学金破産や
高齢者の貧困、母子家庭、父子家庭の貧困。
今後増え続ける老々介護の問題など、50兆円までかけなくても解決できる問題もある。

年収200万円にも届かない人々の声に耳を傾ける気はないのか。

そんな安倍さんの総裁任期を伸ばそうという自民党の方々も
国民目線は持っていないのだろうか。

年金の減額、医療費の負担増など
庶民の多くは悪政にあえぐ。

少子化対策や、女性が働きやすい環境作りなどに力を入れなければ、
この国は、やがて亡びる。
今さえ良ければの政治家はいらない。

トランプ氏、プーチン氏、そして安倍氏。
独裁的なところは同じだ。




スポンサーサイト
次期アメリカ大統領 ドナルド トランプ氏の初めての記者会見が、
日本時間の12日未明に行われた。

アメリカ大統領と言えば、「世界の警察」と言われ、
その軍事力や世界経済への影響力は、莫大だ。

トランプ氏で大丈夫なのかという声は、
選挙中も当選が決まってからもアメリカ国内外で大きくなっている。

初の記者会見は、「やはり」という感じではあったものの
それでも、大統領にふさわしい対応をするのではないかという微かな期待も裏切られた。

自分にとって都合の悪い報道をしてきたメディアには質問をさせず、
「無礼者」
「黙れ」
などと、感情的な発言が続いた。

当選以来、会見は開かずに、自身のツイッターでのつぶやきを繰り返していた。
メキシコに工場を建設しようとしている自動車メーカーに対して、
やめてアメリカに建設しろ
さもなければ、高い関税を払え!
などと脅している。

その脅しに対し、フォードはメキシコ進出を取りやめた。
トヨタは、この攻撃で株価が下落し、一時時価総額7000億円も失った。

まだ正式な大統領ではなく、ツイッターというとても個人的で一方的な一言で
世界経済が振り回される。
それを楽しんでいるかのような所業。

会見の様子を見ても、とにかく、品性がない。
世界のトップの指導者の位置につくものが、こんなに感情的で
個人的では、今年の世界は思いやられると思っている人は、
世界中に大勢いることだろう。

アメリカという大国が、
アメリカの利益だけを追求し、
意に沿わないものを排除するということが、
大ぴらに実施されることになったら、
世界中は、今までとは違う対応を迫られることだろう。

20日の大統領に就任するわけだが、
この日に、10万人規模の「ノー トランプ」デモが予定されている。

トランプ氏は、その経営権を息子に譲ったというが、
身内を政権内部に起用するなど、
利益誘導されることは、大きな懸念だ。

全世界に影響を与えるアメリカ大統領。
ブレーンにまともな人がいればいいのだが。

議会の対応にも注目だ。

2017年は、荒れそうだ。

 | BLOG TOP |