プロフィール

hiromi1960

Author:hiromi1960
広島県東広島市在住
政治や社会問題に物申す きたくらひろみ
子供たちにツケを回さない社会を目指す
中央大学法学部卒


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


戦争の放棄

8月15日
本日は、終戦の日。
各地で、戦没者追悼式典が、開催される。

この日、当時の天皇陛下は、
「耐えがたきを耐え、忍び難きを忍び…」
あの玉音放送を通じて、終戦を宣言された。

あれから72年。
我々は、戦争のない穏やかな日々を送っている。

ところが、ここ数日は、不穏な動きに不安が募っている。
それが、北朝鮮のグアム近海へのミサイル発射宣言だ。

これに対して、アメリカのトランプ大統領は、
「北朝鮮が、世界がこれまで目にしたことのないような炎と怒りに直面することになるだろう」
と挑発。

同じ土俵に上がっての挑発合戦となった。

更に北朝鮮は、日本の島根県、広島県、高知県の上空を
ミサイルが通過すると発言。

これに対し、日本政府は、各地にPAC3を配備。
上空に入ったら、撃ち落とす用意があるということを示すためらしい。

撃ち落とすとその破片は、国内のどこかに落下するはずだ。
小さくなっていても、破片や燃料が、広い範囲に飛散するだろうし、
もし、ミサイルに核はさすがに搭載しなくても
細菌兵器や有毒ガスのような物を忍ばせていれば、
その飛散によって、大きな被害が起こるのではないかと危惧する。

ミサイルの迎撃は、安全保障関連法の集団的自衛権の行使と認められると
小野寺防衛大臣は説明している。
存立危機事態にあたるというのだ。

グアムに向かってかなりの上空をミサイルが飛ぶこと自体が、
存立危機にあたるのか。

ミサイルが勝手に上空を飛べば、民間機に何らかの支障があるかも知れないし、
故障して落下する危険性も考えらえる。
しかし、それが存立危機とは言えないのではないか。

攻撃を仕掛けてもいない国から追撃されれば、報復を受けることは必須だ。
これは、交戦の開始となりはしないか。

迎撃は可能なのだということを示しただけだとしても
お前がやる気なら、こっちもやるぞ!
みたいな子供の喧嘩みたいだ。

しかし、これは子供の喧嘩ではない。
多くの国民を犠牲にするかも知れない大問題なのだ。

昨日、北朝鮮の金正恩氏は、アメリカの出方を見るような発言をし、
ややトーンダウンだ。

大国アメリカの大統領が、子供じみた金氏に呼応してしまうことが問題だ。
挑発して対話に持ち込むのは、北朝鮮のいつもの手だ。
いつ何があっても対応できることは大切だが、
拳を振り上げたら、銃を持つようでは元首としていかがなものか。

それに乗っかって、いつでも軍事行動が出来る国であることを示そうとする日本政府。

日本は72年前に、「戦争の放棄」を宣言したのだ。

是非、日本国憲法の第1条の前に書かれた前文を
今一度読んで頂きたい。
これを読めば、いかにこの憲法が国際的に評価されているかが理解出来るはずだ。

戦争で亡くなられたすべての人に合掌。
スポンサーサイト

コメント

こんにちは。

終戦記念日から72年、日本は戦争を経験しないでここまで来たけど(イラク戦争後に自衛隊を派遣したが)、日本を取り巻く環境は北朝鮮がいつミサイルをぶっ放しかねない危険な状態にありますが、これについてアメリカのトランプ大統領は「売り言葉に買い言葉」的な態度で北朝鮮を牽制するという行為に及んでますが、ホントに戦争に発展してもおかしくないです。こういう行動に対して暴力に訴えるのはヤクザと何ら変わらないし、今のアメリカは理性を知らないと言う印象をあたえるだけです。

安倍政権は集団的自衛権を認めていつでも軍事行動が出来る環境を作ってますが、自分の身は自分で守る! と言う意識から作ってればいいけど、アメリカに追随する形で作ったんならば余計アメリカべったりなところを露呈するだけです。
戦争の放棄と言うけれど、スイスみたいに永世中立国を宣言すればいいと言う意見もあるような気もします。そのスイスは徴兵制もあり自前の軍だってあります。これには歴史的な背景から自分の身は自分で守ると言う意識が強い表れと取れるけども。

憲法9条は国際的に高く評価されてるとは言うものの、だったらなぜ世界では戦争が無くならないのか? って疑問と質問が殺到です。戦争といえども国家同士の関係悪化によるものだったり、民族や宗教対立から来るものだったり、イデオロギーの衝突から来るものだったり、領土を巡るものだったりと多々ありますが、これまで起こった戦争(ベトナム戦争、イラン・イラク戦争、フォークランド紛争、湾岸戦争、ユーゴスラビア内戦、ルワンダ内戦、ダルフール紛争、シリア内戦)について何が原因で起こったかを改めて学ばねばいけないのではないでしょうか。

最近の風潮は本当におかしいですね。政府が北朝鮮の脅威を殊更に煽り立てるもんだから、マスコミもそれに乗っておかしな評論家に政権迎合的なコメントを臆面もなく…反対に和平を口にすると反論の嵐…。ネット上では好戦的な威勢のいい極右的意見が堂々と飛び交っています。

日本にとっての脅威は何も変わってはいません。以前から日本全体が実戦配備済みの中距離弾道弾の射程圏内だし、核弾頭が完成していなくてもプルトニウムという猛毒な放射性核物質が散乱させるだけでも重大な被害が想定されます。サリンなどの化学兵器も大量に配備済みなんです。

ミサイルを撃ち落とすなんて…そういう問題ではありません。北朝鮮だって本気で打ち込むのは最後の最後です! 金正恩が自らの死と国の滅亡を覚悟した時のみです。間違って打ち込んでも同じ結果になり得ますから、誤射のリスクなんて担保できません。従って、北朝鮮のミサイルには何重にも自爆などの安全装置が搭載されているはずです。発射直後に爆発するケースを「失敗」と報道されていますが、これこそがその証です。

「間違って」とか「破片が」とか言って「だからミサイル防衛は急務」と叫んでいる人が居ますが、私からすればナンセンス極まりない…。だいたい破片なんて撃ち落とせませんし、迎撃ミサイルの破片の方が遥かに問題でしょ?

先ほどもTVで5.2兆円にものぼる防衛予算がそれに絡めて多いか少ないか?なんて議論してましたが、「米軍の存在」「核の傘」という前提も無く議論されていました。政府の思うつぼですよね…安倍さんによるフリーハンドの軍備増強とその先の改憲が見え隠れしています。

現実問題、現在の北朝鮮にしても、中国にしても日本が軍事的に対抗するなんてできませんし、「軍事力で対抗する」ということを議論する前に、それを回避する為の議論が重要なはずです。それこそが日本国憲法の精神なんですから…。

中国やロシアが「対話と和平」を唱えています。国内ではこれを「胡散臭い」と一蹴する論調がほとんどですが、安倍さんのやるべきことは「北朝鮮に和平の意志はない」と言い切るのではなく、打算無しに対話による和平努力を主導することです。

でも中国もロシアも「打算」なのでしょうか? 確かに北朝鮮が滅亡しそこに米軍が進駐してくるなんてことは絶対に許せません。難民の問題もあります。でも、北朝鮮に核とICBMを放棄して「無条件降伏を受諾しろ」という要求そのものがナンセンスだというプーチンの言葉は、その通りだと私には思えます。

朝鮮戦争はまだ終わっていません。北朝鮮は米国、韓国、そして日本と戦争継続中なんです。まずは日本も戦争当事国だと認識すべきです。日米韓ともに停戦合意後、膨大な軍備増強を行ない、実戦訓練も強化してきました。

それでいながら北朝鮮には「制裁すべし」と叫ぶ…北朝鮮からすれば理不尽極まりなく、北朝鮮側の戦争当事国であることを抜きにしても、中ソがそう思うのは当然でしょう。北朝鮮がそんな「理不尽な力」に屈服する訳がありません。この朝鮮戦争に敗北する訳にはいかないのです…唯一、その理不尽に対抗し、国の存続を果たし得る「解」こそ、核とICBMの保有と考えるのも当然でしょう。それを放棄しても国の存続と尊厳を保証できるという確証を国連は提示できていませんから。

この現実を踏まえれば、北朝鮮が核保有国であるという現実を認めた上で、対等な立場で朝鮮戦争の終結、即ち関係当事国間で平和条約を締結し、北朝鮮と国交を回復する…朝鮮半島の統一は遠ざかりますが、極東の平和は確立でき、米国の脅威も解消できます。北朝鮮国民の生活苦も大きく改善されてゆくはずです。これこそが日本が主導すべき本来の役割なのではないでしょうか。

マスコミの扱いにそういう視点が伺えないのが残念です。和平はお互いの立場を理解するところから始まりますが、その努力をせずにトランプ大統領に強硬な対応を煽る日本政府に反論すべきマスコミがこれでは…日本はまた来た道を歩むことになるのでしょう。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |